「これからもついて来させてやるぜ! everybody!」エレファントカシマシ、27年目の野音に立つ

SPICER+
エレファントカシマシ

エレファントカシマシ

画像を全て表示(8件)

エレファントカシマシ 日比谷野外大音楽堂 2016 2016.9.17 日比谷野外大音楽堂

一夜だけじゃなくて、これまでの歴史の中で、バンドと観客とが一体となって、この特別な空間を作り上げてきたのだということを強く感じた夜だった。1990年から27年連続開催となっているエレファントカシマシの日比谷野外音楽堂、9月17、18日の2DAYS。ここではその初日、17日のステージの模様をレポートしていこう。会場内は立ち見席も含めて、超満員。宮本浩次(Vo&G)、石森敏行(G)、高緑成治(B)、冨永義之(Dr)という不動のメンバーに加えて、最近のステージでおなじみのヒラマミキオ(G)と初期からの付き合いの細海魚(Key)という6人が登場すると、盛大な拍手が起こった。

宮本の歌から始まったオープニング・ナンバーは「ズレてる方がいい」だった。骨太なサウンドが体の中に染みてくる。このメンバーが奏でるサウンドはひと言で言うならば、ロックだ。力強くてパワフル。しかも懐が深くてヒューマン。<変わらぬ光で空に浮かぶムーンライト>という一節ではつい空を見上げてしまった。晴れていれば、中秋の名月が見えるのだが、開演時点では曇がかかっていて月は確認出来なかった。だが雲の上から月が見守り続けているに違いないと感じたのは会場内に温かな空気が流れていたからだろう。“日比谷の野音、baby baby!”という宮本のフェイクに一瞬、エレファントカシマシと同じく野音をホームグランドとしていた忌野清志郎が重なってしまった。

高緑の深みのあるベースで始まったのは「歴史」。50歳になった宮本の味わい深いボーカルと透明感と体温とを備えたバンドの演奏との組み合わせが絶妙だ。さらに「ゴッドファーザー」、「ふわふわ」、「道」と演奏されていく。毎年、“野音”ではレア曲、マニアックな曲が演奏されてきた。この日も90年代に発表された初期の曲がたくさん演奏されたのだが、どの曲もみずみずしく新鮮に響いてきたのは、メンバーの4人中、3人が50代となった今の時点での思いが吹き込まれいたから、そして経験を積んで獲得してきた今の表現力が発揮されていたからだろう。今歌いたい歌、届けたい歌をともかくたくさん歌いたいということで決めた選曲と言えそうだ。曲を作った当時の思いと今の思いとが歌の中で混ざり合い、溶けあって伝わってくる。

「若い時のほうが期待も不安もいっぱいあって、いろいろ考えるんで、なかなか……。そういう古い歌を聴いてください」というMCに続いて演奏されたのは「おれのともだち」。宮本のニュアンス豊かな歌声とバンドのスケールの大きな演奏とが素晴らしかった。石森と宮本の共作曲「too fine life」は宮本が冨永の背後から手を回したり、石森の肩に手をかけたりしながら。幾多困難を乗り越えてきたメンバーが奏でているからこそ、この曲の<悪いようにはならないさ>という言葉が圧倒的な説得力を持って響いてくる。

かすかに秋の匂いのする風が吹く中での「風に吹かれて」も格別だった。間奏に入るところでは宮本が“Everybody let's go”と歌っていた。瞬間瞬間にあふれ出す思いも歌の中に溶けこんでいく。曲間で聞こえてくる虫の鳴き声までもがまるで伴奏のように響くのは“野音マジック”だろう。さりげなく始まりながら、後半になってバンドのダイナミックな演奏が炸裂していく「いつものとおり」、細海魚のオルガンがまるで月の光が降り注ぐように響いた「月の夜」、ストレンジなパワーを撒き散らしていく「珍奇男」などなど、どの曲もこの瞬間のこの場所にしかない歌と演奏になっている。

冨永のドラムで始まって、宮本の雄叫びが加わっていった「武蔵野」では日比谷公園の先に武蔵野が広がっているのではないかと感じてしまうような、シュールな広がりを備えた演奏が見事だった。「大好きな歌、聴いてください」という言葉に続いての第一部のラストの「四月の風」の宮本の歌声をなんと形容したらいいだろうか。温かさ、優しさ、いとしさなどが詰まっている。信頼するメンバーとともにに日比谷野音のステージに立って、観客に歌を届けられるのだという喜びまでもが伝わってくるようだった。

第二部も「友達がいるのさ」でフレンドリーな空気に包まれながら始まった。“行くぜ! 行くしかないぜ”と宮本が歌っている。演奏が進むほどにエモーションがほとばしっていく。歌も演奏もどんどん白熱していく。ワイルドな歌とダイナミックな演奏が気持ちいい「i am hungry」、ドラムの背後からひとつ灯っているライトがまるで月のように輝く中での「今宵の月のように」などなど、どの曲も特別な光を放ってた。宮本の歌で始まった「RAINBOW」は野音という空間の中で歌う本能を解き放っていくようだった。宮本がステージの上手へ、下手へ走り回りながらシャウトしている。ボーカルもバンドのサウンドもひとつの塊となって疾走していく。演奏が終了しても、その余韻がまだエネルギーとして渦巻いている。宮本は「俺たちはヒーローだったんだ。俺もお前もヒーローだぜ。違うかい?」とMCを始めたのだが、歌っていた時の気持ちが収まらないのか、「それが俺さ、嘘じゃないさ」と再び「RAINBOW」のラストをアカペラで歌いだした。冨永も一瞬、ドラムで入ってくる。これこそが生の歌。この夜は何度も鳥肌が立ったのだが、この瞬間にもエレファントカシマシというバンドのとてつもなさが凝縮されていた。
「ひとえに俺個人の努力の結果、30年も続けてこられてうれしいです。これからもついて来させてやるぜ! everybody!」という俺様全開のMCにも大きな拍手が起こった。

第三部は高緑と宮本の共作曲「星の降るような夜に」で始まった。宮本と石森が肩を組んでいる。高森のベースが温かく響いてくる。バンドの絆の深さが見えてくるような演奏がいい。続いて演奏された最新シングル「夢を追う旅人」は生で聴くと、さらにその威力を発揮していく。観客全員を抱きしめていくような包容力あふれる歌がなんとも魅力的だ。ロックなサウンドがズシンと確かに届いてくる。“GO”という言葉がとてつもなく温かく響く。本編の最後は「ガストロンジャー」、そして「ファイティングマン」。もっと前へ、もっと先へ、進んで行こうとするバンドの姿勢が伝わってくるアグレッシヴでエネルギッシュなステージだった。と同時に、観客も一緒に進んでいこうと誘っていく温かなパワーも伝わってきた。

アンコールではバンドの初期衝動が詰まった「この世は最高!」、さらには「「序曲」夢のちまた」が演奏された。宮本が感極まりながら歌っている瞬間があった。アンコールも含めて全32曲分、いや30年分の思いが歌の中に詰まっているようにも思えた。終演すると、6人が並んで挨拶。

「ありがとう。素敵な一日になりました。一杯飲んで帰ってくれ。サンキュー!」と宮本。バンドの現在の充実ぶりが伝わってくる見事なステージだった。いいものを観たという喜びにはおまけがあった。ライブが終わって空を見上げると、薄い雲を通して月が見えたのだ。最高のステージに誘われて、雲の影に隠れていた月が姿を現したかのようだった。月を呼ぶバンド。もしくはツキを呼ぶバンド。30周年に向けて、彼らはますますパワーアップしていた。


取材・文=長谷川誠 撮影=岡田貴之

セットリスト
エレファントカシマシ 日比谷野外大音楽堂 2016 2016.9.17 日比谷野外大音楽堂
[1部]
01. ズレてる方がいい
02. 歴史
03. ゴッドファーザー
04. ふわふわ
05. 道
06. おれのともだち
07. too fine life
08. 風に吹かれて
09. いつものとおり
10. 月の夜
11. 珍奇男
12. 武蔵野
13. 流れ星のやうな人生
14. 昔の侍
15. 流されてゆこう
16. Baby自転車
17. 悲しみの果て
18. so many people
19. 四月の風
[2部]
20. 友達がいるのさ
21. i am hungry
22. 今宵の月のように
23. 涙
24. コール アンド レスポンス
25. RAINBOW
26. FLYER
[3部]
27.星の降るような夜に
28.夢を追う旅人
29.ガストロンジャー
30.ファイティングマン
[ENCORE]
31.この世は最高!
32.「序曲」夢のちまた

 

ライブ情報
エレファントカシマシ ZEPP TOUR 2016
・10/01(土)Zepp Namba         開場17:00/開演 18:00
キョードーインフォメーション ℡:0570-200-888 (全日 10:00~18:00)
・10/02(日)Zepp Namba         開場16:00/開演17:00
キョードーインフォメーション ℡:0570-200-888 (全日 10:00~18:00)
・10/08(土)Zepp Nagoya        開場17:00/開演18:00
サンデーフォークプロモーション ℡:052-320-9100 (全日10:00~18:00)
・10/09(日)Zepp Nagoya        開場16:00/開演17:00
サンデーフォークプロモーション ℡:052-320-9100 (全日10:00~18:00)
・10/14(金)Zepp Tokyo          開場18:00/開演19:00
DISK GARAGE ℡:050-5533-0888 (weekday 12:00~19:00)
・10/15(土)Zepp Tokyo          開場17:00/開演18:00
DISK GARAGE ℡:050-5533-0888 (weekday 12:00~19:00)
・10/22(土)Zepp Sapporo 開場17:00/開演18:00
ウエス ℡:011-614-9999 (月~金 11:00~18:00)
 
チケット料金 :1Fスタンディング・2F指定 ¥6,500(税込、別途ドリンク代必要)  


「新春ライブ 2017 日本武道館」

公演日・開場/開演:2017年1月6日(金) 17:30/18:30
会場:日本武道館
チケット料金: 指定 6,900円(税込)
※3歳以上チケット必要
チケット一般発売:2016年12月3日(土)
お問い合わせ:
DISK GARAGE 050-5533-0888 (月~金 12:00~19:00)
 
「デビュー30周年記念コンサート”さらにドーンといくぜ!”」大阪城ホール

公演日・開場/開演:2017年3月20日(月・祝) 16:00/17:00
会場:大阪城ホール
チケット料金:指定 6,900円(税込)
※3歳以上チケット必要
チケット一般発売:2017年1月28日(土)
お問い合わせ:
キョードーインフォメーション 0570-200-888 (前日 10:00~18:00)

●オフィシャルHPチケット先行受付
 抽選受付期間
 受付期間:10月1日(土) 21:00 ~ 10月16日(日) 23:59
 ※お申込みは、お一人様1回のみ4枚まで
※お申し込みの前に、受付詳細を必ずご確認ください。
オフィシャルHPチケット先行受付のURLは下記オフィシャルサイトURLからご覧ください。
http://elephantkashimashi.com/
シェア / 保存先を選択