HY+BIGMAMAが刻んだ偶然という名の必然――“Synchronicity Tour 2016”東京公演をレポート

レポート
2016.10.4
HY+BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

HY+BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

画像を全て表示(18件)

10月1日、沖縄・ミュージックタウン音市場にて、『HY+BIGMAMA“Synchronicity Tour 2016”』がファイナルを迎えた。生まれや育ち、音楽性やキャリアも異なるふたつのバンドが、いかにしてシンクロニシティ(共時性=意味ある偶然の一致)を起こし、想像を超える新しい音楽を生み出したのか? ツアー初日、9月16日の東京・Zepp DiverCityでのライブを振り返ってレポートしよう。

BURNOUT SYNDROMES 撮影=Azusa Takada

BURNOUT SYNDROMES 撮影=Azusa Takada

HYのTシャツ、BIGMAMAのタオル、そしてツアー用の新しいコラボ・グッズ。開演時刻の午後6時半、様々なカラーが均等に入り混じるピースフルな空間を切り裂いて、オープニング・アクトを務めるBURNOUT SYNDROMESのソリッドなギターロックが響き渡る。青春文學ロックバンドというキャッチコピーに違わぬ、スリーピースで奏でるシンプルなビートと、私小説的なリリックとの鮮烈な組み合わせ。なおかつ口を開けば若手芸人ばりの盛り上げ上手、というギャップも面白い。たっぷり30分、新人らしからぬ落ち着いたステージングでオープニング・アクトの重責を果たした3人に、オーディエンスのあたたかい声援が降り注ぐ。

BURNOUT SYNDROMES 撮影=Azusa Takada

BURNOUT SYNDROMES 撮影=Azusa Takada

HY 撮影=Azusa Takada

HY 撮影=Azusa Takada

「Synchronicityツアーへようこそ! 楽しむ準備はできてる? みんなの心の中に飛び込んでいくからね!」
午後7時半、いよいよメイン・アクトの一番手、HYの登場だ。新里英之(Vo&G)の第一声が、期待と興奮で半音上ずって聞こえる。1曲目はアルバム『Synchronicity』の中から「Good Day」。明るく弾むビートに乗り、英之がハンドマイクでステージを駆けまわると、フロアを埋め尽くす人波が大きく揺れた。続く「エール」では全員揃ってタオル回し。最後に英之がタオルを客席に投げ込むと、悲鳴のような大歓声。オーディエンスの受け入れ態勢は万全、最高のショーになる予感はばっちりだ。

HY 撮影=Azusa Takada

HY 撮影=Azusa Takada

ここでBIGMAMAからギターの柿沼広也、バイオリンの東出真緒を呼び込み、本日最初のコラボが実現する。曲は「NIJIKAN TRIP-MAMA TRIP-」で、柿沼がギターを持たずにボーカルに専念する、BIGMAMAでは見られない姿が新鮮だ。曲中ではたっぷり時間をとって、フロアのオーディエンスから男女ひとりずつ選び、名前を織り込んで“LOVE LOVE LOVE”の大合唱。いかにもHYらしいハッピーな仕掛けだが、その横で思い切り照れながら指でハートマークを作るカッキーのもじもじした姿に、思わずニヤリ。BIGMAMAファンには特に楽しいワンシーンだ。

HY 撮影=Azusa Takada

HY 撮影=Azusa Takada

二人を送り出し、HYだけで歌う「僕空」は、ライブバンド・HYの底力を見せる豪快なロック・チューン。いつもクールな許田信介(B)、宮里悠平(G)がステージ前方に躍り出て、満面の笑みでオーディエンスを煽っている。さらにBIGMAMAからボーカル金井政人を呼び込み、仲宗根泉とのデュエットで「愛しあって許しあって貴方と共に」を歌う……前に、泉と金井王子とのMCタイムが入るのだが、これが実に傑作で、飛ばしまくるイーズにたじたじする金井という構図が面白すぎ。デュエットも息はばっちりで、BIGMAMAのスタイルを離れソウルフルで情感豊かな歌声を響かせる金井と、包容力たっぷりの泉の歌声は、CDよりもはるかに深く胸に響く。しかも、これで終わりかと思いきや、「アルバムには入ってないけど、この曲を金井くんとやりたかった」という英之の呼びかけで、HYの代表曲「AM11:00」でも特別なコラボレーションが実現。珍しい金井のラップ、悠平の真心こもったギターソロ、シンクロニシティというワードを織り込んだ新しいリリックを披露した名嘉俊(Dr)のラップと、これぞコラボという快演に胸が躍る。

HY 撮影=Azusa Takada

HY 撮影=Azusa Takada

HY 撮影=Azusa Takada

HY 撮影=Azusa Takada

「みんな、カチャーシーしましょう!」
英之の呼びかけで始まったのは、ライブでしか演奏しないことでHYファンにはおなじみの「フェイバリットソング」。カチャーシーとは沖縄民謡に独特の踊り方だが、定型はなく、自由に楽しく踊れば何でもいいという大らかなもの。♪いーやーさーさー、と元気のいい掛け声に煽られ、フロアいっぱいの踊りの輪が広がり、そのままHYのラスト・チューン「ホワイトビーチ」へ。明るいビート、伸びやかなメロディ、ハッピーなフィーリングがひとつになって、最後は全員ジャンプ!のエンディング。およそ1時間、HYらしい大らかな明るさとすべての人を巻き込む包容力を十分に発揮した、安心感100%のライブだった。

HY 撮影=Azusa Takada

HY 撮影=Azusa Takada

ここでステージ転換のために15分間の休憩…なのだが、お茶目な被りもの姿で登場した泉が強烈なノリを見せつけて大暴走。毒舌キャラを駆使した質問コーナーでHYの信介とBIGMAMAの安井英人を翻弄し、最後は客席から女性ひとりをステージに上げての告白対決(ちなみに安井のセリフは「僕の人生という名のバンドに入ってください!」)。HYファンにはおなじみだが、たぶんBIGMAMAファンには“イーズってこんなキャラだったんだ……”という驚きを巻き起こしつつ、楽しい時間はあっという間に過ぎてゆく。

仲宗根泉/安井英人/許田信介 撮影=Azusa Takada

仲宗根泉/安井英人/許田信介 撮影=Azusa Takada

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

「みなさん準備はいいですか。最高の夜を約束します!」
午後8時50分、BIGMAMAのメンバーがステージに姿を現して金井政人が第一声を放つと、湧き上がるすさまじい大歓声。HYのライブにあたたかい包容力があるとすれば、BIGMAMAのライブにあるのは鋭い熱だ。曲はアルバム『Synchronicity』の中からの「Weekend Magic」。続いて、安井の強烈なスラップ・ベースから始まる「Swan Song」は、真緒のバイオリンが奏でる「白鳥の湖」のメロディを中心に、クラシックとロックの見事な融合を聴かせる。さらに「神様に言う通りに」と、パワフルで疾走感みなぎるアップ・チューンが続く。シリアスなオーラを身にまとう金井、アクティブに動き回るカッキー、ずっとニコニコしている真緒、一人一人異なる表情を追うだけでも実に楽しい。

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

「怖い人、呼び込むからね(笑)。大きな拍手で」
すかさず駆け込んできたのは、もちろん泉。金井にぴったり密着したり、カッキーにちょっかいを出したり、天真爛漫にステージを動き回る泉だが、歌はパーフェクト。今回のコラボのために改題した「アカイト・イズ・ト」を、豊かな感情をこめて歌いきる。まるで違うスタイルが一つになる、これぞコラボの醍醐味だ。

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

もう1曲アルバムからの新曲「天国の花は枯れない」、そしてライブで長く歌い続けてきた「かくれんぼ」と、ソリッドなロック・チューンをMCを入れずに畳みかける。安定感たっぷりのリアド偉武(Dr)と安井のリズム隊に支えられた金井のスウィートな声と、カッキーの熱いハーモニーとのバランスがとてもいい。

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

「友達の少ない人生ですが、沖縄に親友ができました。それはラッキーではなくて、自分で引き寄せたものだと思ってます。みなさんも、好きなものは隠さないほうがいいですよ。あなたを探している人がどこかにいると思うから」

HYの俊がパーカッション、英之がボーカルで参加した「Sweet Dreams」は、“死ぬまで覚めない夢を見よう”と歌う壮大で詩的なメッセージが、より具体的に“今ここにいることを祝福しよう”と感じられる、素晴らしいアンセムになった。さらにそこへHYの悠平が加わって三線を弾く「MUTOPIA in Okinawa」へと、輝くミラーボールの下でハッピーなダンス・チューンが続く。ステージいっぱいに走り回って歌いまくるヒーデの姿は、まるで疲れを知らずに遊び続ける少年のようだ。

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

フロアいっぱいにオーディエンスのタオルが掲げられた「until the blouse is bottoned up」から、「荒狂曲“シンセカイ”」と、ラストはライブハウスに熱狂を巻き起こす定番曲の2連発。この日のメンバーの心の中に、HYのファンにアピールする意識は確実にあったはずだが、それ以上に1曲にかける情熱が強く伝わってくる、純度の高いライブ。すべてを出し切り、笑顔でステージを去る5人への拍手は鳴りやまない。

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

BIGMAMA 撮影=Azusa Takada

アンコール。すべての楽器がふたつずつセッティングされたステージを見れば、これから何が始まるのか、いやがうえにも期待は高まる。大歓声に迎えられてステージに戻ってきたメンバーは、全員が白い服に身を包んだ“HY+BIGMAMA”という10人編成のひとつのバンドだった。曲はもちろん「シンクロニシティ」。俊とリアドの叩くダブル・ドラムはすさまじい爆音だが、不思議に耳に心地よい。安井と信介が目を合わせてフレーズを確かめる。カッキーと悠平が向かい合ってツイン・ギターを弾きまくる。真緒が泉に寄り添って美しいメロディを奏でる。そして英之と金井がパワフルなハーモニーを響かせる。「もう他人じゃないからな。愛してる!」と金井が叫ぶ。すかさず英之が「また必ず会おうね!」と付け加える。最後は、メンバーとオーディエンスが一体となった全員ジャンプでジ・エンド。時計を見れば午後10時。3時間半に及ぶパーティーは、いつまでも続く幸せな余韻を残して幕を下ろした。

HY+BIGMAMA 撮影=板橋淳一

HY+BIGMAMA 撮影=板橋淳一

シンクロニシティ=意味ある偶然の一致とは、実は偶然ではなく、自分が引き寄せるもの。HY+BIGMAMAというプロジェクトがこれからどうなるのかはわからないが、金井の言葉を信じるなら、また会うことができるだろう。ひとつのバンドがまたふたつになり、次のページがめくられる。HYBIGMAMA、それぞれの新しい扉を開く素晴らしいツアーだった。


取材・文=宮本英夫

HY+BIGMAMA 撮影=板橋淳一

HY+BIGMAMA 撮影=板橋淳一

セットリスト
HY+BIGMAMA“Synchronicity Tour 2016” 2016.9.16 Zepp DiverCity Tokyo

HY
1. Good Day
2. エール
3. NIJIKAN TRIP
4. 僕空
5. 愛し合って許しあって貴方と共に
6. AM11:00
7. フェイバリットソング
8. ホワイトビーチ

BIGMAMA
1. Weekend Magic
2. Swan Song
3. 神様も言う通りに
4. アカイト・イズ・ト
5. 天国の花は枯れない
6. かくれんぼ
7. Sweet Dreams
8. MUTOPIA in Okinawa
9. until the blouse is buttoned up
10 荒狂曲“シンセカイ”

HY+BIGMAMA
1. シンクロニシティ
 
シェア / 保存先を選択