ヨーロッパ企画が制作するNHK人気番組 『タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE』が劇場公開決定

ニュース
2016.10.29

画像を全て表示(2件)

京都祇園の映画を海外に発信するプロジェクト「yuba motion pictures」と劇団「ヨーロッパ企画」がタッグを組んで製作した映画『タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE』が、11月26日(土)渋谷アップリンクで劇場公開されることになった。

世界に例を見ない“紙人形(ペープサート)映画”である本作は、ヨーロッパ企画の本多力をイラスト化した「祗園太郎」の愛らしいキャラクター性と、「寅さん」を思わせる人情味あふれるストーリーが魅力であり、誰もが楽しめる映画だ。

本作は、劇団・ヨーロッパ企画が制作を担当し、NHKで放送された5分ミニドラマの劇場版である。京都の実写を背景に、紙人形に割り箸をつけた“ペープサート”を動かす演出が独特の世界観を生み、年代や性別を超えての人気シリーズとなった。

映画の舞台は、国際的観光都市の京都・祇園。海外映画祭の評価も高く、ドイツ『ニッポン・コネクション』招待、ソウルとロサンゼルスの映画祭でアニメ部門最優秀賞を受賞した。

監督はヨーロッパ企画永野宗典、祗園太郎の声は本多力がつとめる。2人とも劇団の枠にとどまらず、テレビ等の映像監督や、連続ドラマ出演など多岐にわたって活躍する注目の役者だ。

<ストーリー>
タクシードライバーの祗園太郎は、生まれも育ちも古都・京都。これまで一度も京都盆地から外に出たことはない。ある日、京都駅から美しい女性客を乗せた太郎は、テレビニュースでその女性が、祇園で製作される映画でヒロインを演じる女優だと知る。彼女に再会したい一心で地元キャストのオーディションを受け、見事合格。下見のために彼女とデートをすることに。そこで何者かに追われている外国人と出会い、祇園の老舗和菓子店「鍵善良房」のご主人に助けてもらう。ドタバタの中、映画はクランクインをするのだが、果たして映画は完成するのか。太郎の恋の行方は? そして外国人の正体は……?

映画情報
タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE すべての葛野郎に捧ぐ(56分)
 
前売特典「祗園太郎のほんのきもち茶」

前売特典「祗園太郎のほんのきもち茶」

<上映日時>
日程:2016年11月26日(土)〜
場所:渋谷アップリンク
前売券:1,100円
企画:yuba motion pictures
制作:ヨーロッパ企画
配給:月世界旅行社
ジャンル:アニメ、ドラマ、コメディー、恋愛、家族愛、地域映画
<キャスト>
祗園太郎:本多力(ヨーロッパ企画)
嫌味勇祐:石田剛太(ヨーロッパ企画)
チロルのおばちゃん:岡部尚子(株式会社リコモーション)
奥多摩子:土居志央梨(株式会社ファザーズコーポレーション)
今西知夫:諏訪雅(ヨーロッパ企画)
<スタッフ>
脚本・編集・監督:永野宗典(ヨーロッパ企画)
プロデューサー:吉田和睦(ヨーロッパ企画)、岡本建志(yuba motion pictures/月世界旅行社)
撮影:山口淳太(ヨーロッパ企画)
人形製作:角田貴志(ヨーロッパ企画)

◆祇園太郎公式サイト:http://giontaro-movie.com
◆アップリンク公式サイト:http://www.uplink.co.jp/movie/2016/46182
シェア / 保存先を選択