取っ払われたステージとフロアの垣根 白狐ステージの折り返しはSWANKY DANK

SPICER
SWANKY DANK

SWANKY DANK

画像を全て表示(6件)

八王子天狗祭 【白狐ステージ】 SWANKY DANK

熱演が繰り広げられている八王子天狗祭2016。白狐ステージの折り返し地点に登場したSWANKY DANKは、「ここはライブハウスだから楽しんでいけよ!」というKOJIの絶叫を皮切りに、「misery」からスタート。瞬く間にフロアにはサークルピットが出現する。

SWANKY DANK

SWANKY DANK

初っ端から派手に暴れ回っているキッズに向かって、YUICHIが「いいですか? モッシュも、ダイブも、禁止ですよ?」と諭すように2度宣告。そして「かかってこい!」と繰り出された「numbers」では、フロアを強烈にバウンスさせて、すさまじい熱狂を生み出していた。そのまま続けて「MADE A MESS」へ。メロディック・パンクにラウドロック的重厚感を搭載した強力なサウンドで、フロアを激しく席巻し続ける。

SWANKY DANK

SWANKY DANK

MCではドラムのSHUNが八王子出身ということで、フロアにいる八王子市民に対し、「君たちは俺の後輩だぞ? 後輩は先輩の言うこと聞くもんだよな? お前ら今日から全員八王子市民じゃ!」とシャウト。しかし、あまりにも熱く叫びすぎたために、KOJIから「8割がた何言ってんのかわかんなかった(笑)」とツッコまれる場面も。そんな笑いを誘うシーンもありつつ、「WIMP」ではヘヴィに荒ぶりまくったギターリフをぶっ放して、フロアに再び熱狂の渦を巻き起こし、「俺と一緒に声出してくれますか!」と、KOJIがオイコールを求めれば、YUICHIとKO-TAはフロアに半身を乗り出して熱くアジテーション。そのままなだれ込んだ「Sink Like a Stone」では、フロアで見ていたたなしん(グッドモーニングアメリカ)が、サークルピットのど真ん中で「ファイヤー!」のポーズをして暴れ回り、そのままオーディエンス達ともみくちゃになるという一幕もあった。

SWANKY DANK

SWANKY DANK

SWANKY DANK

SWANKY DANK

ラストナンバーの「Listen to the Radio」では、この日一番の特大サークルピットに、YUICHIがステージを降りて乱入。ギターをかき鳴らしながらオーディエンス達と一緒になって駆け回ったり、ステージを眺めているオーディエンスに笑いかけたりと、大胆なパフォーマンスを繰り広げていた。そんなフロアとステージの垣根のないライブが彼らの醍醐味であり、そして、これからどんなに大きなステージに彼らが立とうとも、キッズ心を忘れずに会場をぶち上げ続けてくれるであろう未来を想起させるものだった。
 

取材・文=山口哲生 撮影=Ayumi.Takamatsu

SWANKY DANK

SWANKY DANK

 
セットリスト
八王子天狗祭 【白狐ステージ】 SWANKY DANK
1. misery
2. number
3. MADE A MESS
4. WIMP
5. Sink Like a Stone
6. Listen to the Radio

 

シェア / 保存先を選択