お祭り感にくわえ男の色気も!? KEYTALKがアリーナを揺るがす

レポート
2016.11.5
KEYTALK

KEYTALK

画像を全て表示(3件)

八王子天狗祭 【天狗ステージ】 KEYTALK

「八王子天狗祭2016」もいよいよ後半戦へと突入。バンド同士の温かなつながりが会場全体に浸透したのか、ホール内にも心地のよい空気が流れている。しかし、そんなピースな雰囲気を切り裂くように、“ど”がつくほどメタリックなSEと共にKEYTALKがステージ現れた。

グドモのGt.渡邊からリクエストを受けたという1曲目は「MABOROSHI SUMMER」。この選曲が功を奏し、キャッチーなサビに合わせてフロアの奥まで一斉に手が掲げられる。例年通り、今年もはちゃめちゃにライブを展開してる4人だけあって、今日ものっけからトップギア。しかし、これまでやんちゃなイメージが強かった彼らだが、ここで見せたのは脂の乗りまくった中堅バンドの佇まい。首藤と寺中によるツインボーカル、小野のテクニカルなギタープレイが牽引する演奏、さらには4人の立ち居振る舞いに至るまで、なんだか男の色気のようなものが漂っている。

KEYTALK

KEYTALK

ポップでキャッチーでテクニカルというのがKEYTALKの持ち味だと思っていたが、そこにライブバンドらしい骨太さも備わり、一段も二段も上のステップへと成長を遂げていることが冒頭の2曲だけでも分かる。しかし、やっぱりそこはKEYTALK。女のコたちのかわいい「ぺーい!」から、デスボイスの「ぺーい!」まで様々な“ペーいアンドレスポンス”を要求するなど、あるイミ安心できる姿も。

中盤に披露された新曲「Love me」は、どっしりとしたリズムで聴かせるポップチューン。裏声を駆使するサビは往年の歌謡曲のセオリーに則っていて実に気持ちがいい。いかにも首藤らしいグッドメロディーだ。

さあ、ここからは怒涛のお祭り攻勢。特に最後の、「MATSURI BAYASHI」と「MONSTER DANCE」のコンボはとんでもないテンションを場内に生み出した。「祭りじゃ!祭りじゃ!」「いえい!いえい!いえい!いえい」のコールアンドレスポンスがあったり、4人の動きが演奏中に突如止まって観客の歓声で再び動き出してみたり、ありとあらゆる技の応酬で場内の一体感を高めていく。この辺りはさすがKEYTALKといったところ。

KEYTALK

KEYTALK

もうここで終わってもいいぐらいのピークに達したが、「MONSTER DANCE」で最後のダメ押し。八木のサンバホイッスルを合図にフロアのあちこちにサークルが生まれ、それと呼応するように小野はステージを縦横無尽に駆け回った。今日の主役はあくまでもグドモ。しかし、4人はそれを凌駕しそうなほど圧倒的なパワーとテクニックで天狗ステージを席巻した。強いぞ、KEYTALK
 

取材・文=阿刀“DA”大志 撮影=白石達也

セットリスト
八王子天狗祭 【天狗ステージ】 KEYTALK
1. MABOROSHI SUMMER
2. YURAMEKI SUMMER
MC
3. Love me
4. HELLO WONDERLAND
5. FLAVOR FLAVOR
6. MATSURI BAYASHI
7. MONSTER DANCE

 

シェア / 保存先を選択