張りつめたエモーションと覗かせた新たな表情――酸欠少女・さユりのワンマンに“それでも”の先をみた

レポート
2016.11.15
さユり

さユり

画像を全て表示(5件)

夜明けのパラレル実験室 in新宿 ~ここに宣戦布告編~ 2016.11.3 新宿ReNY

ほんの2年ほど前まで、会場からほど近い駅前で、たった一人で己と対峙しながら歌っていた少女は、いまフロアを埋め尽くす満員の観客の前に立っていた。11月3日、新宿ReNY。酸欠少女・さユりのワンマンライブ。

SEなし、場内を静寂と緊張が支配する中、先にスタンバイしているガスマスクを装着したバンドメンバーたちの元へ現れたさユりは、淡いスポット一つを身に浴びながら、抱えたアコースティックギターでコードを一つ一つ確かめるように鳴らしたあと、ギターのボディを激しく引っ叩いたかと思うと弦が切れそうなくらいにかき鳴らし、刺すような歌声を響かせた。「かさぶた」だ。曲の大半を弾き語りで届けたあと、一瞬の静寂を挟み、今度は3回ボディを叩き、一気にバンドIN。ダイナミックなサウンドが会場を揺るがすと同時に、背景全面とさユりの左右に吊られたスクリーンに映像が映し出される。続いて「るーららるーらーるららるーらー」。スクリーンは歌詞やグラフィカルなイメージを映し出し、赤青緑と目まぐるしく色を変える照明のもと、彼女はひたすら歌い続け、オーディエンスはステージ上から放たれる激情と自らの胸に去来する衝動に向き合っているかのよう。

アニメ『僕だけがいない街』のEDテーマともなっていた「それは小さな光のような」では、複雑に上下するメロディをアグレッシヴに、かつ正確に堂々と歌い上げ、続く「光と闇」では<僕はさそんな単純に生きれる人間じゃないの / それでも生きていかなくちゃなんて / 幸せな君が言う無責任な言葉>という悲痛ともいえる心の叫びを、震えるようなファルセットを交えながらシリアスに歌う。その歌声は貫くような鋭さの中にどこか儚さも感じさせ、息を吸い込む音ひとつにも感情が溢れだすほどエモーショナルだ。それにしても、ステージ上のさユりがみせる、驚くほどの熱量と鬼気迫るといっても過言ではない歌唱、演奏には圧倒される。華奢で小柄な身体をここまで猛烈に突き動かすものはなんなんだ?

“それでも”という言葉を、さユりは何度も口にしていた。きっと彼女は、自己や世界への嫌悪、相反、それゆえの孤独、怒り、焦燥、違和感といったいわば負の感情を“それでも”曲と歌に注ぎ込み、それを燃料として声の限り歌うことで、己を見出し、自身と世界とを繋ぎとめてきたのであろう。
実際、デビュー曲「ミカヅキ」を披露する前には、
「ずっと自分のことがあまり好きではなくて、世界を見上げたりしながら生きてきました」「それでも明日は来るし、行きたい場所や見たい場所があったりして、だからそんな自分でも好きになれるように、明日に進めるようにこの曲を作りました」
と、その思いを吐露していたし、そういうシリアスで張り詰めた空気を湛えた曲は、他にも多く演奏されていた。

その一方で、これまでの彼女の歌には無かったのではないか?と思わせるような、新たな表情も顔を覗かせていた。たとえば、12月7日にリリースされる新曲「フラレガイガール」の主人公は「こっぴどくフラれた女の子」である。楽曲提供・プロデュースしたRADWIMPS・野田洋次郎節全開の詩情や繊細なメロディがさユりの歌声と邂逅したこの曲を、さユりは「私は、歌っていると愛しさみたいなものがこみ上げてくる。そんな歌です」と表した。さらに同じシングルに収録される(この日初披露された)「アノニマス」の際に流れた大人気スマホゲーム『消滅都市』とのコラボ映像では、さユりという存在を構成する重要な一面・14才の“さゆり”に対して「本当に14才の私が消えてしまう日が来るんだろうか?」という自問のような台詞もあって、これらの楽曲が音楽面でも精神面でも、彼女の変化を映し、一歩先へ進もうとする兆しにも見てとれた。

そんな風に一曲一曲に込められた感情や思いを想像したり深読みしてしまいたくなるほど、示唆に富み、スリリングなさユりのライブ。だが、ところどころ挟まれるMCでは、彼女は歌っているときとは別人のように柔和なキャラクターをみせてくれる。「喋るのが苦手だからネタが欲しいと思って、11/3は何の日か調べたけど良いのが見つからなかった」とか、「実は喉のあたりに毛が生えていて、それは音楽を始めてから生えたから喉を守っているんじゃないか?と思っている」などと、とりとめのない話で和ませる。ライブの空気を壊してしまうMCというものも世の中には存在するのだが、彼女の場合、緊張と緩和の具合がちょうど良いようで、プラスに作用していた気がする。客席からの呼びかけにも、照れながら丁寧にリアクションしていた。

ライブ後半は、「人間椅子」から攻めの展開に。リズムに合わせてクラップが起きた「ふうせん」、スイング感のある横ノリな曲調と映像が楽しい「オーロラソース」など、ライブのフィジカルな楽しさや一体感を感じられるような楽曲を並べ、「ちよこれいと」では、相変わらずの激しい演奏ながら、自らも曲間にピョンピョンと飛び跳ねてみせたりとポジティブな空気が会場を満たしていった。これは勝手な想像だけれど、普段あまりライブなどに来ることのない人も結構な数いたのではないだろうか。さユりが世界との隔絶や相反を歌ってきたことで、同じような孤独を抱える誰かに勇気や力を与えていたとしたら、「さユりのライブだから行ってみよう」と思わせていたとしたら。素晴らしいことではないか。

「好きなことはありますか? きっとあると思います」
バンドメンバーが退場し、さユり一人が残るされたステージ。客席を見渡しながら一際ハッキリと呼びかけた言葉は、集まったオーディエンス一人ひとりに向けられたものか、かつての自分に向けられたものか。そうして歌われたラストナンバー「夜明けの詩」は、「自分のことがあまり好きではなくて、世界を見上げたり」していたさユりが「何にもなれなかった頃に作った」曲だ。駅前の路上にたった一人で、理由はなくても“それでも”歌っていた彼女はいま、満員の客席に向けこの曲を届けている。

さユり自身が自覚しているかどうかはわからないが、きっと彼女と世界との間を隔てていた距離は、ずっとずっと縮まっているのだろう。“それでも”歌う、から、“だから”歌う、へ。その劇的な変革を、もし彼女がすでに受け止めているのだとしたら、これからの飛躍が楽しみで仕方がない。


取材・文=風間大洋

セットリスト
夜明けのパラレル実験室 in新宿 ~ここに宣戦布告編~ 2016.11.3 新宿ReNY
1. かさぶた
2. るーららるーらーるららるーらー
3. プルースト
4. それは小さな光のような
5. 光と闇
6. knot
7. フラレガイガール
8. アノニマス
9. いくつもの絵画
10. ミカヅキ
11. 蜂と見世物
12. 人間椅子
13. ふうせん
14. オーロラソース
15. ちよこれいと
16. 夜明けの詩

 

リリース情報
シングル「フラレガイガール」
2016年12月7日発売
 
《初回生産限定盤 A》CD+DVD
初回生産限定盤 A

初回生産限定盤 A

CD
1.フラレガイガール
2.アノニマス
3.プルースト
4.未定
DVD
渋谷WWWワンマンライブ「ミカヅキの航海」ライブダイジェスト映像(2016/04/23)
封入特典:酸欠少女さユりキャラカード(4種の中から1種ランダム封入)
デジパック仕様
価格:¥1481+税
BVCL-763~764
 
《初回生産限定盤 B》CD+DVD
初回生産限定盤 B

初回生産限定盤 B

CD
1.フラレガイガール
2.アノニマス
3.ニーチェと君
DVD
アノニマスMV(フルレングスver.)
封入特典:酸欠少女さユりキャラカード(4種の中から1種ランダム封入)
デジパック仕様
価格:¥1481+税
BVCL-765~766
 
《通常盤》CD
通常盤

通常盤

1.フラレガイガール
2.アノニマス
3.アノニマス-remix-
初回仕様限定封入特典:酸欠少女さユりキャラカード(4種の中から1種ランダム封入)
価格:¥926+税
BVCL-767
 
【CDショップ 予約特典決定】
全国CDショップ/オンラインショップにて12月7日発売さユり4thシングル「フラレガイガール」をご予約頂いたお客様に
“酸欠少女さユりキャラカード(AR仕様)”をプレゼント致します。特典には数に限りがございますので、ご予約はお早めに!
※一部CDショップ/オンラインショップを除きます。詳しくはお近くのCDショップまたはオンラインショップにお尋ねください。
※特典は商品引き取り時のお渡しとなります。
※未予約での購入分には付与されません。
シェア / 保存先を選択