妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、中村倫也らが意味深な言葉を次々と呟く 真の加害者・被害者は誰なのか? 映画『愚行録』予告

SPICER
 (C)2017「愚行録」製作委員会

(C)2017「愚行録」製作委員会

2017年2月18日(土)に公開される映画『愚行録』の予告編が解禁された。

『愚行録』は、直木賞候補作となった貫井徳郎原作の同名小説の映画化作品。未解決のまま1年がすぎた一家惨殺事件を週刊誌の記者・田中が取材していくうち、関係者のインタビューを通して、理想的な家庭と思われた被害者一家の真の姿と、事件の全貌があかされていくミステリーだ。
同作では、主人公の記者・田中武を妻夫木聡、武の妹・光子を満島ひかりが演じるほか、小出恵介臼田あさ美市川由衣松本若菜中村倫也眞島秀和らなど実力派キャストが出演。ロマン・ポランスキーなどを排出したポーランド国立映画大学出身の石川慶監督がメガホンをとり、同作で長編映画監督デビューを飾る。脚本は『松ヶ根乱射事件』や『ピース オブ ケイク』の向井康介氏。

公開された予告は、登場人物それぞれが意味深なことばを次々とつぶやく印象的なもの。

 

 

殺害された小出演じる田向浩樹は「俺のために動いてくれたお礼は、ちゃんとしてるよね?」と話し、被害者が何らかの秘密を抱えていたことを匂わせる。そのほか、中村が「絶対嘘ですからね」、臼田が「やめてよ、人のせいにするの」、市川が「皆、愚かで空っぽなのに」、眞島が「人間ってホンマ勝手な生き物やなあって思いますけどね」と不穏なセリフばかりを矢継ぎ早に発していく。彼らは一体だれについて語っているのか?妻夫木演じる田中が「悪魔みたいな生き物が、この世にはいるんです」と締めくくり、「仕掛けられた3度の衝撃」とのテロップがさらに作品の複雑さを物語る。

映画『愚行録』は2017年2月18日(土)全国ロードショー。

作品情報

映画『愚行録』


妻夫木 聡 満島ひかり
小出恵介 臼田あさ美 市川由衣 松本若菜 中村倫也 眞島秀和 濱田マリ 平田 満

原作:『愚行録』貫井徳郎
脚本:向井康介
音楽:大間々 昂
監督:石川 慶
配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野

【ストーリー】エリートサラリーマンの夫、美人で完璧な妻、そして可愛い一人娘の田向一家。絵に描いたように幸せな家族を襲った一家惨殺事件は迷宮入りしたまま一年が過ぎた。週刊誌の記者である田中は、改めて事件の真相に迫ろうと取材を開始する。ところが、関係者たちの証言から浮かび上がってきたのは、理想的と思われた夫婦の見た目からはかけ離れた実像、そして、証言者たち自らの思いもよらない姿であった。その一方で、田中も問題を抱えている。妹の光子が育児放棄の疑いで逮捕されていたのだ

(C)2017「愚行録」製作委員会
公式サイト gukoroku.jp

 

シェア / 保存先を選択