朝本浩文が53歳で逝去

朝本浩文

朝本浩文

朝本浩文が11月30日に逝去したことが明らかになった。53歳だった。

朝本は2014年9月に自転車事故で頭部を強打して意識不明となり、そのまま療養生活を続けていた。朝本の妻、由美氏は彼の療養生活を支援するプロジェクト「AID FOR Asamoto」のFacebook公式アカウントにて「朝ちゃん、これからは安らかに。本当にありがとう! 朝本浩文の美しい楽曲の数々が、彼の魂と共に生き続ける事を願っております」とコメントしている。葬儀はすでに密葬で執り行われており、後日彼を見送る会の開催が予定されている。

朝本は1985年にAUTO-MODのメンバーとして本格的な活動を開始。これまでにUA、THE BOOM、ZEPPET STORE、THE YELLOW MONKEYなどのプロデュースやアレンジを手がけてきた。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択