「第16回AAF戯曲賞」審査結果発表 大賞は額田大志『それからの街』

ニュース
2016.12.15


大賞は額田大志『それからの街』 「第16回AAF戯曲賞」審査結果発表

愛知県芸術劇場(愛知県名古屋市)が主催する「第16回AAF戯曲賞」は11日、最終選考会による受賞結果を発表し、大賞は額田大志氏の『それからの街』 、特別賞は深谷照葉氏の『母系家族』がそれぞれ受賞した。大賞には50万円、特別賞には10万円が贈られ、大賞作品は2017年11月、同劇場プロデュース公演として小ホールで上演が予定されている。

関連リンク⇒ 第15回AAF戯曲賞 公開審査会

同戯曲賞は昨年15周年を迎え「戯曲という財産を育て、演劇に対する挑戦を続ける場としての戯曲賞」として再スタート。今年は全国から91作品が集まり、審査員は昨年に続き三浦基氏(地点)、鳴海康平氏(第七劇場)、羊屋白玉氏(「指輪ホテル」芸術監督)、篠田千明氏の演出家4名が務めた。

舞台制作PLUS+
シェア / 保存先を選択