ベビースターのマスコットキャラクター・ベイちゃん&ビーちゃんが2016年で引退「約30年。本当に、ありがとうございました」

SPICER

画像を全て表示(6件)

ベビースターラーメンでおなじみのマスコットキャラクター・ベイちゃんとビーちゃんが2016年をもって引退することが決定した。

1959年のベビースターラーメン(当時はベビーラーメン)発売開始から約30年間、オレンジ色が特徴的なベビースターラーメンのパッケージには初代キャラクターとして女の子のイラストが描かれていた。1988年には発売当初からのベビースターの意志を受け継ぎつつ、オレンジ色のから白色へパッケージが大きく変更した際に、新しいベビースターラーメンのマスコットキャラクターとしてベイちゃんが誕生。その後、相方であるビーちゃんが登場した。文字が読めないお子様でもベイちゃんの衣装を見ることで味の想像がしやすいようにと、フレーバーに合わせて様々な衣装を身にまとってきたベイちゃんとビーちゃん。約30年にわたって様々なパッケージに登場してきたが、今年2016年をもって引退することとなる。
 

 


引退決定にあたり、ベイちゃんからのコメントも発表されている。

 

ベイちゃん引退コメント

僕たち、ベイちゃんとビーちゃんは、
 
2016年をもってベビースターのキャラクターを引退します。
 
僕たちがはじめてパッケージに登場したのは、1988年。
 
初代キャラクターが約30年守ってきた
 
ベビースターの歴史や意志を受け継ぎながら、
 
オレンジ色から白色のパッケージに大胆にリニューアルして
 
華々しくデビューした時のことは今でも忘れられません。
 
時代を超えて。季節を超えて。国境を超えて。
 
いろんな衣装に着替えながら、たくさんのパッケージに登場してきました。
 
僕たちと出会ってくれた皆さんに、
 
すこしでも楽しい思い出を残すことができていたら、うれしいです。
 
初代キャラクターからベビースターを受け継いで、約30年。
 
僕たちも、新しい時代へとバトンタッチしていくことに決めました。
 
これから生まれ来る多くの子どもたちに、
 
新しいベビースターを知ってもらえるように。
 
ベビースターがこの先の未来まで、もっともっと愛してもらえるように。
 
ベビースターのことを僕たちはこれからも応援しています。
 
あっという間の約30年。本当に、ありがとうございました
 

 



なお、ベビースターラーメン発売元の株式会社おやつカンパニーによれば、ベイちゃんは完全にいなくなるが、今後も従来通りベビースター製品の提供は続けていくとのこと。詳しくは改めてホームページを通じて発表するという。

ベイちゃん、ビーちゃんは東京都在住。ベイちゃんは10才、ビーちゃんは8才。二人のお父さんは作家、お母さんはデザイナーだ。自由な家庭の気風で育っているせいか、生まれながらの外遊びの達人。特にベイちゃんは好奇心旺盛で、お母さんお手製のコスチュームを身に着け、北は北海道から、南は沖縄まで一期一会を楽しみ、外国は中国からイタリアまでの麺ロードを走破したかと思えば、果ては宇宙旅行にも出かける行動派だった。

 

商品情報

ベビースターラーメン

ベビースターラーメンがうまれたきっかけは創業者の「もったいない精神」から。
1950年代当時、当社では即席めんを天日干しで製造していました。 そのときに麺のかけらがこぼれ落ちるのを見た創業者(故・松田由雄)は「もったいない」と思い、集めた麺のかけらに味付けをして、おやつとして従業員に配っていました、ベビースターラーメンがうまれたきっかけです。最適な味や食感を実現するため、材料の配合、麺の太さ、長さ、味のつけ方などに試行錯誤を繰り返して商品が完成し、1959年に発売となりました

■おやつカンパニーについて
1959年9月、麺スナックの「ベビーラーメン」の製造販売を開始(当時10円)。1973年12月、「ベビースターラーメン」に名称変更。1975年に松田産業株式会社に、1980年に松田食品株式会社に社名改称。1993年4月に社名を現在の「株式会社おやつカンパニー」に改称しました。ラーメンをそのまま食べる」という発想から生まれた「ベビースターラーメン」。 味や価格だけでなく、発想のおもしろさで多くのちびっ子達に支持されてきました。 いつもちびっ子達の視点から、 たっぷり満足感があり、遊びゴコロ溢れる、たのしい"おやつ"を提供し、 「たっぷり、たのしい」おやつづくりに努めています。 

 

シェア / 保存先を選択