出演者100人!?  劇団子供鉅人が「マクベス」で2017年2月に本多劇場に初進出

ニュース
2016.12.16


子供鉅人「マクベス」イメージビジュアル

劇団子供鉅人の舞台「マクベス」が2017年2月10日から本多劇場で上演される。振付・ステージングは長谷川寧が手掛ける。

子供鉅人は2005年に益山貴司・寛司兄弟を中心に大阪で結成。2017年春に完成する新劇場・浅草九劇のこけら落とし公演を行うことも決まっており、東京進出後も話題のたえない劇団だ。

今回の「マクベス」は、マクベス役を女優が、マクベス夫人役を男優が演じるという趣向。劇中、度々言及される「男らしさ」や「女らしさ」を逆手に取り、「性別のらしさ」を逆照射させ、性の性をあぶり出すという。

演出は劇団代表の益山貴司。振付・ステージングは冨士山アネットの長谷川寧が手掛ける。

さらに、これまで本多劇場では、2003年の流山児★事務所「書を捨てよ、街へ出よう」の54名が最大の出演者数だったが、今回の子供鉅人は100人が出演するとのこと。

いつも熱量の高い作品を見せてくれる彼らがだが、今回も期待できそうだ。

(文:エントレ編集部)


公演情報

劇団子供鉅人「マクベス」
■日程:2017年2月10日~12 日(日)
■会場:本多劇場
■作:W・シェイクスピア
■訳:松岡和子
■演出:益山貴司
■振付・ステージング:長谷川寧
■出演:
益山寛司 キキ花香 影山徹 億なつき ミネユキ 山西竜矢 益山 U☆G 古野陽大 うらじぬの
益山貴司(以上劇団子供鉅人)
+アンサンブルキャスト 100 人!
■劇団子供鉅人「マクベス」 公式サイト:http://www.kodomokyojin.com/
エントレ
シェア / 保存先を選択