『動く浮世絵』が東京駅に登場 動画作家・瀬川三十七が歌川広重の作品をアレンジ

SPICER
 (C)瀬川三十七 + トコナツ歩兵団

(C)瀬川三十七 + トコナツ歩兵団

画像を全て表示(9件)

JR東日本東京駅構内エキナカ商業施設『グランスタ』、及び改札外の『グランスタ丸の内』に、『動く浮世絵』(歌川広重《名所江戸百景 する賀てふ》東京駅グランスタ版)が設置される。

本企画は、浮世絵動画作家・瀬川三十七氏と全国各地のオモシロ企画を発信する面白企画創造集団『トコナツ歩兵団』が提携して実施するもの。浮世絵師・歌川広重の代表作でもある《名所江戸百景 する賀てふ》を題材に、東京駅や新幹線、酉年にちなんで鶏が登場する東京駅版動画が制作された。

この『動く浮世絵』は、東京駅改札内地下1階のグランスタ・銀の鈴広場で12月26日(月)から1月9日(月)まで公開するほか、メインビジュアルとして『EKINAKA STYLE vol.29』や館内装飾にも使用されるとのこと。

 

シェア / 保存先を選択