WEAVER、神戸開港150年記念事業のテーマソングを担当 イメージキャラクターは戸田恵梨香

ニュース
2016.12.26
神戸開港150年記念事業記者発表会

神戸開港150年記念事業記者発表会

WEAVERが神戸開港150年記念事業のテーマソングアーティストに決定したことが、26日の記者発表会にて発表された。

神戸港は平成29年1月1日に開港150年を迎える。その記念すべき年を市民とともに祝い、市民の海、船、港への関心を深め、また神戸港の新たなスタートとするため、神戸開港150年記念事業が実施されるという。

神戸市出身の女優・戸田恵梨香がイメージキャラクターとして就任し、同じく神戸市出身のWEAVERがテーマソングを制作する。

このテーマソングは年明けから神戸市役所、区役所、空港、神戸市の関連施設、神戸市の観光施設、神戸市の商店街などで流れる予定とのこと。

神戸開港150年記念事業テーマソング情報
タイトル:「海のある街」
作曲:杉本雄治 作詞:河邉徹

■WEAVER コメント
杉本(Pf&Vo)
神戸港150年記念のテーマソングを書くという大役を頂き、神戸で生まれ育った僕たちにとってこれほど名誉な事はありません。
この曲は僕が通っていた中学、高校から見下ろす美しい街並み、そして神戸港から広がる広大な海を浮かべて作りました。
神戸の方にはもちろん、日本中の方にも海と山に囲まれたこの美しい街並み、そして阪神淡路大震災から復興した神戸の生命力をこの曲から感じてもらえれば光栄です。
奥野(Ba)
自分たちが生まれ育った神戸の街を彩る楽曲を制作することが出来て本当に嬉しいです。大人になり神戸以外の街での生活を経験した僕たちが、今改めて感じることが出来る神戸の街の素晴らしさや想いを込めた楽曲に仕上がりました。
神戸を愛する人たちの心に響くような、少しでも多くの人々に神戸の素晴らしさが伝わるきっかけになるような楽曲になればとても幸せです。
河邉(Dr)
今回、テーマソングに選んでいただけたことを心より光栄に思います。
自分たちが育った故郷の街である神戸のために曲を書けることは、何よりも嬉しいことでした。
作詞するにあたって、どんな景色やストーリーを書こうかと考えた時に、一番最初に「暮らし」という言葉が浮かびました。
幼い頃から住んでいたことでよりそう思うのかもしれませんが、神戸港の長い歴史や神戸の街の美しさは、常に人々の暮らしの上で積み重ねられてきたものだと思います。
そこでは憶えていないほど些細でも、幾つもの幸せや喜び、奇跡や邂逅が日々営まれてきたことかと思います。
今回はその一面を切り取り、歌にできればと思い歌詞を書きました。
また、神戸で暮らしてきた自分たちだからこそ歌っていける歌になればと思いました。
この曲が、神戸のみなさんの暮らしの傍に寄り添い、僅かでも日々の彩りになることができれば嬉しく思います。

 

ライブ情報
2017年春 ライブハウスツアー
※ツアーに関する情報は後日オフィシャルサイトなどで発表いたします。

日本工学院ミュージックカレッジpresents『epilogue』
日程:2017年1月28日(土)
場所:赤坂BLITZ
出演:WEAVER/Halo at 四畳半/LONGMAN
開場17:15 開演 18:00
料金:2,000円(税込)
詳しくは:http://www.red-hot.ne.jp/sp/neec/graduation/kamata/
お問合せ:ホットスタッフ・プロモーション 03-572-9999

『首謀者:空想委員会 「大歌の改新」第三期』
日程:2017年1月20日(金)
時間:開場 17:30 / 開演 18:30 
会場:BIGCAT
出演:空想委員会/WEAVER
チケット:¥3,900(ドリンク代別)
<チケット一般発売中>
・チケットぴあ…0570-02-9999(電話番号) / Pコード315-777
・ローソンチケット…0570-084-005(電話番号) / Lコード51446
・e+
お問い合わせ:キョードーインフォメーション0570-200-888(毎日10:00~18:00)

 

 

シェア / 保存先を選択