ディプロを題材にしたTVコメディのシリーズ化が決定!

SPICER

画像を全て表示(2件)

先日、「electrox 2017」で来日を果たしたディプロ(Diplo)。そんな世界中を飛び回るスーパースターDJを題材にしたTVコメディのシリーズ化が決定。

雑誌やウェブサイトでおなじみのVice Mediaの運営するケーブルテレビ局Vicelandによると『What Would Diplo Do?』(仮題)という、このシリーズはまず6話が製作されるようです。

主演のディプロの役を演じるのはジェイムス・ヴァン・ダー・ビーク(James Van Der Beek)。90年代後半にTVシリーズ『ドーソンズ・クリーク』で大ブレイクした彼は、最近また『CSI:サイバー』などで人気のようです。

ジェイムスは昨年の夏、ディプロ率いるMad DecentのBlock Partyのツアー広告でディプロ役を演じたところ、これが大好評だった模様。

しゃべり方、身のこなしなど、かなりディプロそっくりなんですよね(笑)

米メディア『DEADLINE』によると、番組中のディプロのキャラは“6万人を踊らせることができるのに1対1ではダメ男”とのこと。

そのダメっぷりとEDMシーンの裏側がオモシロおかしく描かれているようです。

ディプロ本人の出演もあるんでしょうか?

 
この記事に興味を持ったらEDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」をチェックしてみよう! http://edmmaxx.com
 
シェア / 保存先を選択