男劇団 青山表参道X『SHIRO TORA〜beyond the time〜』、稽古場より熱を込めて!

レポート
舞台
2018.6.7
(左から)栗山航、飯島寛騎

(左から)栗山航、飯島寛騎

画像を全て表示(22件)

今をときめく若手男性俳優が集結したことで一躍注目を集めた【男劇団 青山表参道X】。これまでお披露目イベントやファンミーティングを重ねながら着々と活動を進めて来た彼らは、現在、旗揚げ公演『SHIRO TORA〜beyond the time〜』初日に向けて連日稽古の真っ最中。このたび公開されたその稽古場は、“劇団”の名に恥じぬ本気のカタマリと熱気で満ちていた。

都内某所の稽古場。総勢20名以上のO-AOXメンバーが、文字通り“ひしめき合い”ながら稽古に打ち込んでいた。この日は殺陣の集中稽古。全員で魅せるオープニングのパフォーマンスを数度流した後、さっそく物語後半の重要なシーンの手付けへと取りかかっていく。

(左から)飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久

(左から)飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久

(左から)栗山航、塩野瑛久、定本楓馬

(左から)栗山航、塩野瑛久、定本楓馬

本作は廃部寸前、部の存続をかけて白虎隊の物語を上演しようと奮闘する演劇部員と、彼らの目の前にタイムスリップして来た白虎隊隊士たちとの友情を軸に描かれる青春ストーリー。前世の因縁か単なるインスピレーションか、彼らは共に時間を過ごす中で自然と演劇部・小野田(飯島寛騎)&白虎隊・安達(栗山航)、白虎隊・間瀬(塩野瑛久)&演劇部・小日向(定本楓馬)、白虎隊・伊東(西銘駿)&演劇部・蓮沼(Wキャスト 中村嘉惟人/岡宮来夢)というコンビに。ここではそのコンビネーションを生かし、白虎隊が演劇部にパワーを送るべく互いにシンクロした動きを駆使する殺陣が用意されていた。

飯島寛騎

飯島寛騎

栗山航

栗山航

塩野瑛久

塩野瑛久

定本楓馬

定本楓馬

(左から)岡宮来夢、中村嘉惟人、西銘駿

(左から)岡宮来夢、中村嘉惟人、西銘駿

まずは全体の流れをチェック。3グループがスローモーションから実速と、輪唱のように殺陣をリレーしながら見せ場を繰り広げていく。相手ももちろんO-AOXメンバー。本役のみならず、殺陣衆なども自分たちで兼任するのだ。

西銘チームはWの中村と岡宮が交互にチェンジしながら動きを整理。西銘が中心となって、一手一手、丁寧に木刀を振っていく。勢いというよりは慎重にじっくりと取り組んでいる印象で、他のチームが殺陣付けに取りかかっている間も常にコミュニケーションをとりながら自主的におさらいを繰り返していた。

西銘駿

西銘駿

(左から)中村嘉惟人、西銘駿

(左から)中村嘉惟人、西銘駿

(左から)岡宮来夢、西銘駿

(左から)岡宮来夢、西銘駿

塩野チームは殺陣は塩野、ダンス寄りの振りは定本と、それぞれに得意をリードしあいながら、鏡の前で細かな動きを何度も返す。常になにかしら動いているタフさも垣間見え、3チームの中でも特に躍動的に稽古をエンジョイしているように感じた。

(左から)小沼将太、塩野瑛久

(左から)小沼将太、塩野瑛久

定本楓馬

定本楓馬

特に時間をかけて殺陣がつけられていたのは飯島チーム。二人三脚のように足を結び、ふたりで一振りの刀を握りギリギリの状態で応戦していく……というくだりである。制限された動きの中、どう足を運び、どう敵と対峙していくか。しかもカッコよく。おそらく、慣れている者でもそう簡単にはできないアクションのはず。一歩一歩検証しながら動きを組み立てていた殺陣師も「大変だ、これは」と励ましの声をかけながらの作業となっていった。慣れないこと続きで思わず刀を握る手の力が抜けそうになる飯島。最適な姿勢を試行錯誤しながら飯島をグッと支える栗山。ひとつの目標に向けて力を合わせる様子はおのずと役とも重なって……おそらくここがふたりの正念場。苦戦上等、完成すればとても感動的な場面が生まれるはずだ。

(左から)飯島寛騎、栗山航

(左から)飯島寛騎、栗山航

(左から)栗山航、飯島寛騎

(左から)栗山航、飯島寛騎

読書愛好会・斉藤役の宇野結也は殺陣師の先生に積極的に質問をし、周囲がスムーズに動くよう目を配っている姿も目を引いた。また、ダンス部・板垣役の仲田博喜は熱が入り過ぎて場がアップアップになりかけたときや疲れが見えてきたとき、威勢のいい応援の声をかけるなどさりげなく、そして積極的に仲間をフォローできる人。塩野に「ようやくここまできたね」と声をかけていたのは生徒会・徳川役の小沼将太。作品が出来上がっていく実感を噛みしめていた。共に舞台経験の多さを生かし、次々に付いていく殺陣も素早く習得、場の活性化と底上げに大いに貢献していた3人である。

宇野結也

宇野結也

(左から)宇野結也、仲田博喜

(左から)宇野結也、仲田博喜

(左から)小沼将太、塩野瑛久

(左から)小沼将太、塩野瑛久

限られたスペース、限られた時間でやるべきことを頭と身体に叩き込むため、少しの間もムダにはできない。殺陣付けを待っている役者たちも休憩は最低限。ダンス部同士で振りを磨いたり、アイドル研究会同士でオタ芸に励んだり、固まった動きを忘れないようにお互いに動画で収めあったりと、誰が指示するでもなく自主的にコトを進めるのも重要だ。“劇団”という意識はもちろん、各々が独立した表現者として輝こうという自立心を持って臨んでいるのが彼らO-AOX。そんな、稽古場に渦巻く2種類の“熱気”と、そこに生まれるさらなる“本気”。次々に課題を繰り出されても「できる」という前進の思いのみでトライが繰り返されていく。

開始から2時間ほどが経過。ここまで組み立てられたシーンを音楽に合わせて流してみることに。そう、彼らは殺陣のみならず、歌いながら戦うのだ! しかし、あれだけの情報量も音楽に乗せるとあっという間。カウントギリギリに詰め込まれた動きはなんとも濃密。それを事故なく確実にこなしていくには、稽古で積み重ねられていくテクニックと緊張感が欠かせない。笑顔はあるが、余計なおしゃべりは不必要。本気の持続もこの現場全員の共通項だ。

(左から)西銘駿、中村嘉惟人、岡宮来夢

(左から)西銘駿、中村嘉惟人、岡宮来夢

(左から)中村嘉惟人、定本楓馬、岡宮来夢、塩野瑛久

(左から)中村嘉惟人、定本楓馬、岡宮来夢、塩野瑛久

飯島寛騎

飯島寛騎

(左から)栗山航、飯島寛騎

(左から)栗山航、飯島寛騎

今回、ドラマ部分の稽古をお伝えすることは叶わなかったが、もちろん本編にはシリアスな殺陣だけでなく高校生たちの賑やかな日常、軽妙なやりとり、心に染みる青春と友情のヒトコマが存分に用意されている。硬軟取り混ぜたオリジナルのエンターテインメント、本番の舞台でどんな煌めきが繰り出されるのか──ぜひこの目で見届けたいと思わせる、魅力的な稽古場だった。

取材・文=横澤 由香 撮影=岡崎 雄昌

公演情報

男劇団 青山表参道X 旗揚げ公演 『SHIRO TORA ~beyond the time~』
 
【あらすじ】
福島県の名門の男子校、私立白山高校では、来月開かれる学園祭、白山祭に向けて、盛り上がりを見せていた。
様々な部活や同好会が、パフォーマンスを披露する。
生徒達が目指すものはただ一つ、最も輝いた部活に送られる賞、白虎賞。
この賞は学内のみならず外部からも注目される、最高のステータスである。
そんな中、演劇部、部長の小野田陽斗は部員不足から廃部の危機にさらされていたのだ。
この危機を脱するためには、白虎賞を獲得するしかない。
小野田たちは白虎隊を題材にした舞台を演じることにした。
白虎隊について不勉強だった部員たちは、白虎隊最後の地、飯盛山で稽古をすることにしたのだが、すると突然空が暗くなり、なんと、部員の目の前に白虎隊の隊士たちがあらわれるのだった。 

日程:2018年6月14日(木)~2018年6月17日(日)
場所:AiiA 2.5 Theater Tokyo
チケット料金: 全席指定 7,800円
 
脚本・作詞:亀田真二郎(東京パチプロデュース) 
演出:伊藤マサミ 
出演:飯島寛騎、栗山 航、塩野瑛久、西銘 駿、村上由歩、小沼将太、仲田博喜、宇野結也、定本楓馬、水江建太 
中村嘉惟人、岡宮来夢、田中ジョシュア、池上 翔、春口尚人、依田啓嗣、西脇大河、山本 学、守谷 駿 
長田翔恩、明珍隼人、立花裕大、沢柳 健、湯本健一、佐々木 駿、土居秀士、沖津海友、辻 憲斗 

【日替わり出演】 
■6月14日(木)19:00
春口尚人、西脇大河、山本 学、守谷 駿、沢柳 健、湯本健一、佐々木駿、土居秀士   
■6月15日(金)19:00 
依田啓嗣、山本 学、守谷 駿、長田翔恩、立花裕大、湯本健一、沖津海友、辻 憲斗  
■6月16日(土)
14:00
春口尚人、依田啓嗣、守谷 駿、長田翔恩、立花裕大、沢柳 健、湯本健一、沖津海友 
19:00  
田中ジョシュア、依田啓嗣、守谷 駿、立花裕大、湯本健一、佐々木 駿、土居秀士、辻 憲斗      
■6月17日(日) 
13:00
池上 翔、依田啓嗣、山本 学、長田翔恩、明珍隼人、湯本健一、沖津海友、辻 憲斗 
18:00 
田中ジョシュア、池上 翔、依田啓嗣、西脇大河、山本 学、守谷 駿、明珍隼人、沖津海友

曲目・演目: ハイタッチ・バースデーパーティ・全通特典決定
◆全通特典全公演観劇された方に、ご希望のキャストのソロチェキショットを、キャストサインとお客様の名前入りでプレゼント! 
※企画参加希望の方は、14日に特設コーナーにて参加券をお受け取りください。15日以降は配布いたしませんのでご注意ください。 

◆日替わりハイタッチ下記公演回にて、終演後にキャストがハイタッチでお見送り致します。 
6月14日(木) 19時 飯島寛騎・西銘 駿・中村嘉惟人・岡宮来夢 
6月15日(金) 19時 栗山 航・宇野結也・定本楓馬 
6月16日(土) 14時 塩野瑛久・小沼将太・水江建太 
6月16日(土) 19時 仲田博喜・立花裕大・依田啓嗣・守谷 駿 
6月17日(日) 13時 村上由歩・山本 学・湯本健一・沖津海友・辻 憲斗 
※お席の順にスタッフが誘導いたします。ご参加の方は、終演後、そのままお席にてお待ちください。  
※握手会ではございません。列の流れを止める行為はご遠慮ください。 
※お見送り中のプレゼント等のお渡しはご遠慮ください。 
※メンバーは予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。 

◆栗山航ミニバースデーパーティ開催決定!6月15日(金)19時公演後、当日出演キャストと共に、我らのリーダー栗山航の誕生日を お祝いしましょう!! 
※内容については、公式サイトでご確認下さい。
主催:オスカープロモーション/ネルケプランニング
公演に関するお問い合わせ:
ネルケプランニング
TEL:03-3715-5624(平日11:00~18:00)
チケットに関するお問い合わせ:
サンライズプロモーション東京
TEL:0570-00-3337(全日10:00~18:00)
シェア / 保存先を選択