【動画あり】ミュージカル『シークレット・ガーデン』ゲネプロレポート~今日の嵐を耐えれば、明日はきっと芽が生える

動画
レポート
舞台
2018.6.11
ミュージカル『シークレット・ガーデン』(ゲネプロ)  [写真撮影:福岡諒祠]

ミュージカル『シークレット・ガーデン』(ゲネプロ)  [写真撮影:福岡諒祠]

画像を全て表示(35件)


ミュージカル『シークレット・ガーデン』日本版が2018年6月11日(月)より東京・日比谷のシアタークリエにて初上演される(7月11日まで。その後、神奈川・福岡・兵庫を巡演)。初日に先立つ6月10日(日)にはゲネプロ(最終総通し稽古)の第一幕が報道関係者に公開された。そのレポートをお届けする(まずは下記動画をご覧あれ)。

【動画】ミュージカル『シークレット・ガーデン』ゲネプロより


この作品は、フランシス・ホジソン・バーネットの小説「秘密の花園」(1911年発表)を原作として、1991年にブロードウェイ初演、同年のトニー賞で脚本賞、助演女優賞、装置賞の3部門を受賞し、またドラマデスクアワードではミュージカル作品賞、ミュージカル脚本賞を受賞した。日本版では石丸幹二花總まり石井一孝昆夏美松田凌ら実力派俳優陣が顔を揃えるが、物語の鍵を握るのは2人の子供、インドで両親を亡くし、ひねくれていて気性の激しい少女メアリー(10歳)と、身体が弱く寝たきりのワガママな少年コリン(10歳)である。それぞれWキャストで、ゲネプロではメアリーを池田葵、コリンを大東リッキーが演じた。なお、別キャストではメアリーを上垣ひなたが、コリンを鈴木葵椎がそれぞれ演じる。

舞台は1906年。イギリス領インドでワガママ放題に育った10歳のお嬢様メアリー(池田葵)は、両親がコレラで死亡したことに伴い、イギリス・ノースヨークシャーに渡り、叔父であるアーチボルド(石丸幹二)の屋敷に引き取られる。アーチボルドは10年前に最愛の妻・リリー(花總まり)を亡くし、以来ずっと塞ぎこんでいた。屋敷には重く暗い空気が漂っており、時おり誰かが泣いているような声が聞こえる(「I Heard Someone Crying」)。

インドでは洋服の脱ぎ着さえもアーヤ(乳母の意)にやらせていたメアリー。しかし引き取られ先の屋敷で働くヨークシャー訛りのメイド・マーサ(昆夏美)は、メアリーをお嬢様扱いせずに接してくれた。メアリーは初めて笑顔を見せる。また、屋敷では気難しいアーチボルドが、リリーの幻とは楽しそうに戯れる。2人の若き日を歌う美しいデュエット曲「A Girl in the Valley」 では、石丸が若々しく明るい笑顔となる。

マーサからのアドバイスで、屋敷の庭に出てみるメアリー。そこで庭師ベン(石鍋多加史)からとある秘密を聞く。ここにはリリーが大切にしていた「秘密の花園」があったが、彼女の死後、アーチボルドが鍵をかけて閉ざしてしまったというのだ。

屋敷の庭で、メアリーの最初の友だちとなるのがコマドリ。植物や動物の心がわかるマーサの弟・ディコン(松田凌)は、コマドリと話すために、ヨークシャー訛りを教えてくれる。ディコンが歌う「Winter's on the Wing」は優しい歌声で、冬のあとに来る春を祝福するかのように清々しい。コマドリはやがて、メアリーを「秘密の花園」の鍵のもとへ導く。

不機嫌の塊のようだったメアリーの心は徐々にほぐされていた。ディコンからオダマリとポピーの種をもらったメアリーは、自身の誕生日プレゼントとして、「大地を少しいただけますか」とアーチボルドにお願いする。生命を育てたいと言うメアリーに、亡き妻リリーの遺伝子を見出すアーチボルド(「A Bit of Earth」)。メアリーは、アーチボルドにも笑顔を向けるほどに変化していた。

メアリーの目の中に亡きリリーの面影を想うアーチボルドと、兄の妻リリーを密かに愛していた弟・ネヴィル(石井一孝)が歌う「LiLy's Eyes」が観る者の心を震わせる。主に子どもの世界が描かれた原作のエッセンスに、大人たちの心情描写が加わった。

メアリーは屋敷で、アーチボルドとリリーの息子コリン(大東リッキー)に出会う。医師の叔父・ネヴィルの言いつけで車椅子生活を送るコリンは、足が不自由で、卑屈な少年に育っていた。突然現れたメアリーに驚いて叫び、メアリーと言い争いになると癇癪を起こすコリン。屋敷の王様のようにふるまうコリンだが、メアリーのほうが口喧嘩は一枚上手だ。自分たちは同い年のいとこ同士だと気づいた2人は打ち解けはじめる。コリンは、夢の中で「猫背の男」、つまりは背中にコブを持つパパが自分を馬に乗せてくれたり、秘密の花園へ連れ出してくれるのだと歌う(「Round-Shouldered Man」)。

メアリーはインドで、自分以外が全員死ぬという悪夢を体験している。メアリーの母(ローズ)を思わせるバラの花が印象的にあらわれるが、それはときに血に見え、死の象徴にも見える。しかし、母・ローズ(笠松はる)と父・アルバート(上野哲也)、そして今は亡き人々は、「ドリーマーズ」としてメアリーの成長を見守っている。

死者と生者、過去と現在が融合する展開が、このミュージカル最大の持ち味だ。特に大田翔が演じる、インドで霊力を持つものとして信じられているファキール(苦行僧)に注目したい。肉体は死しても、生命の芯である霊魂は死しても消えることはないと考えれば、同じ大地に死者と生者が混在することが違和感なく理解できる。さりげなくオリエンタルなオーケストレーションも、インドとイギリスをシームレスに結んでくれる。蔦を思わせる美術(松井るみ)、木漏れ日や心情を映す照明(高見和義)も、観る者のイマジネーションをかきたて、どんなところにも生命があるのではないかと思わせる。

隠されていた「秘密の花園」の扉は、リリーの導きで見つけられる。枯れ果てたように見える庭に生命の芯はあるのか? この先は劇場でぜひご体感いただきたい。今日の嵐を耐えれば、明日はきっと芽が生える。そんな力を鮮やかに描いたミュージカルだ。

演出は、2016年の25周年記念公演、2018年のカナダ版も担当したスタフォード・アリマ。祖父母が日本生まれのアリマは、2015年に演出したブロードウェイ・ミュージカル『アリージャンス(Allegiance)』で世界的な注目を集めた。これはローズベルト大統領が発した「大統領令9066号」により第二次世界大戦時、在米日系人が強制収容所送りとなった実話に基づくストーリーだ。だが、それ以前からアリマの演出手腕は高く評価されてきた。そのきっかけとなったのは、2004年のミュージカル『ラグライム(Ragtime)』ウエストエンドプレミアや、2005年よりオフ・ブロードウェイで2000回以上も上演されたミュージカル『アルター・ボーイズ(Altar Boyz)』だった。筆者も2006年に『アルター・ボーイズ』を観たが、具象セットに頼らずにステージングする演出が印象深かった。今回の『シークレット・ガーデン』にもその流儀は生きている。

本作主演の石丸幹二花總まりから開幕に向けたコメントが届いたので紹介しよう。

アーチボルド役:石丸幹二 コメント

舞台稽古に入り、演出の“アリマ・マジック”に掛かりながら『シークレット・ガーデン』の世界観がより深まっていくのを感じています。原作小説は子供の目線で描かれていますが、このミュージカル版は大人の物語でもあり、人生の喜び、哀しみを味わえる作品になっています。 アーチボルドという一人の男が、伴侶の喪失から再生していく……。誰しもが経験する肉親との別れ。人生最大の危機を乗り越えるための鍵穴が、ここにあります。アーチボルドに心を添わせて観てください。皆さんの心の中に堅く閉ざされた扉があるなら、きっと鍵を見つけて頂けると思います。 

リリー役:花總まり コメント

原作の「秘密の花園」を子供の頃に読んだことのある女性は多いと思います。 ミュージカル版も観れば観るほど心に響いてくる作品になりそうだなと、お稽古をしながら日々感じています。 一度だけではこの作品の全貌を知ることが難しいかもしれません(笑)。ぜひ何度でもご覧ください。そして、皆様それぞれの人生と重ね合わせて、何かを感じていただけるととても嬉しく思います。劇場でお待ちしております。 

ミュージカル『シークレット・ガーデン』は、2018年6月11日(月)~7月11日(水)東京・シアタークリエ(日比谷駅A11番出口から日比谷シャンテまで地下通路で直結)、その後は神奈川・福岡・兵庫に巡演。イープラスの貸切は、6月16日(土)12:00開演(メアリー:上垣、コリン:大東)、6月27日(水)18:00開演(メアリー:池田、コリン:大東)、6月30日(土)12:00開演<半館>(メアリー:池田、コリン:大東)、7月4日(水)18:00開演<半館>(メアリー:池田、コリン:鈴木)、7月5日(木)13:00開演(メアリー:池田、コリン:鈴木)、シアタークリエにて。上演時間は第一幕70分、休憩20分、第二幕70分の2時間40分。

取材・文:ヨコウチ会長
写真撮影:福岡諒祠
動画撮影:安藤光夫


公演情報

ミュージカル『シークレット・ガーデン』
 
■脚本・歌詞:マーシャ・ノーマン 
■音楽:ルーシー・サイモン 
■原作:フランシス・ホジソン・バーネット「秘密の花園」 
■演出:スタフォード・アリマ

■キャスト:
メアリーの叔父・アーチボルド:石丸幹二
アーチボルドの妻・リリー:花總まり
アーチボルドの弟・医師ネヴィル:石井一孝
屋敷のメイド・マーサ:昆夏美
マーサの弟・ディコン:松田凌
メアリー:池田葵・上垣ひなた(Wキャスト)
コリン:大東リッキー・鈴木葵椎(Wキャスト)
屋敷の庭師ベン、ホームズ少佐:石鍋多加史
メアリーの母・ローズ:笠松はる
メアリーの父・アルバート:上野哲也
ファキール(行者・托鉢者。このミュージカルでは苦行僧の意):大田翔
ライト中尉:鎌田誠樹
屋敷の召使頭ミセス・メドロック:鈴木結加里
アーヤ(乳母の意):堤梨菜
女子校の学校長ミセス・ウィンスロップ:三木麻衣子
クレア:三木麻衣子

 
■訳詞:高橋亜子
■音楽監督:前嶋康明
■振付:岡 千絵
■美術:松井るみ
■照明:高見和義
■音響:山本浩一
■衣裳:太田雅公
■ヘアメイク:宮内宏明
■歌唱指導:満田恵子
■演出助手:豊田めぐみ
■舞台監督:宇佐美雅人
■制作:清水光砂
■プロデューサー:小嶋麻倫子
■宣伝衣裳:太田雅公、中村秋美
■宣伝美術:川岸涼子
■宣伝写真:宮崎健太郎
■製作:東宝
 
<東京公演>
■日程:2018年6月11日(月)~7月11日(水)
■会場:日比谷 シアタークリエ
■公式サイト:http://www.tohostage.com/secretgarden/
 
イープラス貸切=6月16日(土)12:00開演(メアリー:上垣、コリン:大東)、6月27日(水)18:00開演(メアリー:池田、コリン:大東)、6月30日(土)12:00開演<半館>(メアリー:池田、コリン:大東)、7月4日(水)18:00開演<半館>(メアリー:池田、コリン:鈴木)、7月5日(木)13:00開演(メアリー:池田、コリン:鈴木)。
 
<神奈川公演>
■日程:2018年7月14日(土)~7月16日(月)
■会場:厚木市文化会館
■公式サイト:http://atsugi-bunka.jp/
 
<福岡公演>
■日程:2018年7月20日(金)~7月21日(土)
■会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール
■公式サイト:http://kurumecityplaza.jp/
 
<兵庫公演>
■日程:2018年7月24日(火)~7月25日(水)
■会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
■公式サイト:http://www1.gcenter-hyogo.jp/
シェア / 保存先を選択