映画『3月のライオン』新たな場面写真公開で神木隆之介が全力疾走 川本家での団欒シーンも

SPICER
映画『3月のライオン』 ​(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

映画『3月のライオン』 ​(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

画像を全て表示(5件)

映画『3月のライオン』の新たな場面写真が公開された。

映画『3月のライオン』 ​(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

映画『3月のライオン』 ​(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

映画『3月のライオン』 ​(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

映画『3月のライオン』 ​(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

公開された場面写真には、主人公桐山零(神木隆之介)が疾走する場面や、川本家の3姉妹(倉科カナ、清原果耶、新津ちせ)とのあたたかな食卓シーン、島田開(佐々木蔵之介)と二海堂晴信(染谷将太)と盤を囲んでいる島田の自宅での研究会シーン、義理の姉である幸田香子(有村架純)、後藤正宗(伊藤英明)と対峙する場面など、零と彼を取り巻く人々の様子を感じられる数点となっている。

映画『3月のライオン』 ​(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

映画『3月のライオン』 ​(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

映画『3月のライオン』 ​(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

映画『3月のライオン』 ​(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

大友啓史監督は「どこへ向かって、どんなふうに生きていけばいいのだろうかと悩む桐山零は、誰もが自分の青春期を思い浮かべた時に、自己投影できる主人公だと思います。今まさに家族や学校のこと、自分の居場所や人との付き合い方に悩んでいる若い世代にとっては、口に出せない想いや衝動を共有できるのではないでしょうか」とコメントを出している。

3月のライオン』は3月18日から前編、4月22日から後編が公開の前後編作品。前編の主題歌はぼくのりりっくのぼうよみ“Be Noble(re-build)”、後編の主題歌は藤原さくらによるスピッツのカバー“春の歌”となる。
 

映画『3月のライオン』前編 は2017年3月18日(土)から、 後編は4月22日(土)から2部作連続全国ロードショー。
 

作品情報

映画『3月のライオン』


監督:大友啓史
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
出演:

神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶
佐々木蔵之介 加瀬 亮
前田 吟 高橋一生 岩松 了 斉木しげる 中村倫也  尾上寛之  奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏
伊藤英明 / 豊川悦司

制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT 配給:東宝=アスミック・エース

【ストーリー】
中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、東京の下町にひとりで暮らす17歳の棋士、桐山 零(きりやま れい)。彼は、幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、孤独を抱え、来る日も来る日も、すがりつくように将棋を指し続けた。そんなある日、零は同じ下町に住む三姉妹・川本あかり、ひなた、モモと出会う。それは、将棋盤以外の“自分の居場所”との出会いでもあった…。激しい才能と激情がうごめく棋士たちの生きる将棋の世界と、陽だまりのような川本家の食卓。数々の対局とあたたかな人々との交流を通じ、零は棋士として、人として、ある覚悟を決めていく。

映画公式サイト 3lion-movie.com

​(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

 

シェア / 保存先を選択