GLAYが大会アンバサダーに就任 『Red Bull Air Race World Championship』記者発表会で大会の詳細が明らかに

レポート
2017.1.30

画像を全て表示(10件)

2017年6月3日(土)~4日(日)に千葉県立幕張海浜公園にて、Red Bull Air Race World Championship 2017のシーズン第3戦が開催される。その記者発表会が1月26日(木)、レッドブル・ジャパン本社にて行われた。

Red Bull Air Race World Championshipとは、世界最高の飛行技術を持つレースパイロットたちによる"究極の三次元モータースポーツ"だ。最高時速370km、最大重力加速度10Gの中、操縦技術の正確さ、知力、体力、精神力の限りを尽くしてタイムを競う。

千葉大会では、幕張海浜公園内に設置される「フェスティバルエリア」も魅力のひとつ。同エリアでは、フリースタイルモトクロス(FMX)やストリートセッションなどの神業パフォーマンスをみられる「サイドアクト」のほか、日本各地のご当地グルメ屋台、千葉の地元食材が並ぶ「フードコート」も設けられる。

記者発表会では、今年はこの「フェスティバルエリア」を無料開放することが発表された。レースを観戦せずともパフォーマンスやグルメが楽しめるので、近隣の方には嬉しいニュースであろう。

会見場には、昨年のべ9万人の観衆を前にキャリア初優勝を飾った日本人唯一のパイロット・室屋義秀が登場。「3回目にして母国の日本で開催できることとなりました。これは皆さまの力とそれだけファンが根付いたという証明だと思います。開催3年目ということで大会としても集大成かと思いますし、パイロットとしても頑張りたい」と意気込みを語った。

GLAY

GLAY

さらに、千葉大会のアンバサダーにはGLAYが就任したことが明かされた。GLAYのTERUから送られたコメントは以下の通り。(一部抜粋)

GLAY・TERU コメント
2016年のレッドブル・エアレース観覧すべく幕張へ行ったのですが生憎の天候で予選は中止。でも、その場にいれたことでレッドブル・エアレースの盛り上がりと楽しさを体感することができました。バックステージは、始まりに胸が踊り大会を今か今かと待ち望む一人一人の鼓動が聞こえてきそうなほどの緊張感。実際にレースを見ることは出来ませんでしたが、過去の大会の映像を見て感じた爽快感とヒリヒリするあのスピード感をGLAYの楽曲で表現したいと思い、アルバム製作中ではあったのですが一時中断して、新たにレッドブル・エアレース用の楽曲を制作し始めました。そして、この度、数ある候補曲の中からぴったりの楽曲を、レッドブル・エアレースに並々ならぬ思いのある僕が選曲させていただきました。タイトルは「XYZ」。コンマ1秒を争う空のF1レース。操縦席に乗ってるかのような感覚をこの曲で表現できたと思います。2017年、エアレースをレッドブルと共に「XYZ」で盛り上げていきたいと思います!

 

大会テーマソング用に制作されたGLAYの新曲「XYZ(エックスワイジー)」は3月1日(水)から放映開始予定のRed Bull Air Race Chiba 2017のTVCMで使用されるとのこと。こちらもぜひチェックしてみてほしい。

 
イベント情報
Red Bull Air Race Chiba 2017 (レッドブル・エアレース 千葉2017)

日程:6月3日(土)予選、6月4日(日)決勝
開場10:00(予定)、競技開始13:00(予定)、競技終了16:00(予定)
※コースコンディションにより実施を決定
会場:レースエリア 千葉県立幕張海浜公園(千葉市美浜区)/滑走路 浦安市総合公園(浦安市明海)
内容:国際航空連盟(FAI)公認の飛行機レース世界選手権、全8戦の第3戦。世界トップクラスのレースパイロット14名が参加。
主催:レッドブル・エアレース・ジャパン実行委員会(グッドスマイルカンパニー、ローソンHMVエンタテイメント、エアレース・ジャパン)
特別後援:千葉市、浦安市
後援:朝日新聞社、TOKYO FM、InterFM897、bayfm
ナショナルパートナー:FALKEN、AVIREX、JTB
大会アンバサダー:GLAY
グローバルパートナー:Hamilton、RAUCH、air bp

MAP
 


≫レッドブル・エアレース 千葉2017のチケット情報はこちら
シェア / 保存先を選択