『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』松岡禎丞、戸松遥、伊藤智彦監督登壇!完成披露舞台挨拶イベントレポート

動画
レポート
2017.1.30

画像を全て表示(4件)

2月18日(土)より全国ロードショーされる、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』原作者・川原礫氏の完全書き下ろしによる本作の完成を記念し新宿バルト9にて、豪華ゲスト登壇の舞台挨拶付き完成披露試写会が実施された。

舞台挨拶には、本作の主人公キリトを演じた松岡禎丞、ヒロインのアスナを演じた戸松遥、伊藤智彦監督が登壇。初の劇場映画化を果たした本作が完成した今の感想や、原作小説から続く『ソードアート・オンライン』シリーズの魅力、劇場版の見どころなどを余すところなく語り尽くた。到着したオフィシャルレポートをお送りする。

満員御礼の舞台挨拶とソニーがデザインした《オーグマー》

開場前の朝早い時間から劇場には多くのファンが詰めかけており、イベント開始時にはスクリーン内は満員の観客で埋め尽くされました。舞台挨拶が開始すると観客からは非常に大きな歓声が上がり、大きな拍手とともにゲストを迎えました。登壇したゲストの耳には本作のメインガジェットとなるAR型最新情報端末《オーグマー》のレプリカが装着されており、それに関してMCが触れると伊藤監督が「この《オーグマー》はソニー(株)のクリエイティブセンターがデザインしたもので、昨年色々と話題に上ったARデバイスです!とても洗練されたデザインで、近い未来に実際に広く波及していくかもしれないですね」と大興奮で語りました。

<トークセッション>

初の劇場版である本作が完成した今の心境を松岡は「今回の劇場版はSAOの集大成です」と語り、戸松は「原作者の川原礫先生によるオリジナルストーリーで、凄い展開が待ってます!」と興奮を露わにしました。また、劇中に登場する方AR情報端末《オーグマー》が現実世界でも使用できるなら、どんなことをしたいかという質問に対し、松岡は「家から仕事の現場までの道のりをダンジョンにして、日常を冒険にしたいです」とスケールの大きな返答を答えたのに対し、戸松は「私はアフレコの時、全身を使って動いて演じるので、《オーグマー》で直接台本を目で見れるようにして、両手を自由にして演じたいです」と声優ならではの回答を答え、松岡もそれに関しては大きく頷いた。舞台挨拶は終始和やかな雰囲気で進み、この後始まる上映に期待が高まりつつ幕を閉じました。

<ゲストコメント>

★本作が完成した今の心境

松岡禎丞:
この『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』は『ソードアート・オンライン』の集大成と言っても過言ではない作品です。皆さんの心に突き刺さってもらえると嬉しいです。

 

戸松遥:
今回の『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』は原作者の川原礫先生によるオリジナルストーリーで、台本をもらった時からどんな話なのか気になってワクワクしていました。実際に観てみると、もの凄い展開が待っていますので、皆さんにも楽しんで頂きたいです。

 

★ソニーがデザインした《オーグマー》について

伊藤智彦

伊藤智彦

伊藤監督:
最近はスマートフォンでのARゲームが話題ですが、それを実際に目の前で見ることの出来るデバイスで、ソニーのデザインチームの方々が総力を挙げて作ってくださいました。とても洗練されていて、近い未来に本当にこういったものが作られるんじゃないかと期待しています!

 

松岡禎丞:
時代が『ソードアート・オンライン』に追いついてきたと感じますね!

 

★締めの一言挨拶

戸松遥:
この作品の魅力はこういう世界が現実にくるかもしれないというワクワク感が詰まっているところです。
これまでのVRとはまた一味違うARの世界観や、様々な人間関係など、見どころがたくさんある作品なので、楽しんで頂けると思います!

 

松岡禎丞:
この『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』という作品は、本当に『ソードアート・オンライン』の集大成と言える作品です!アフレコから3ヶ月ほど経った今も余韻が残っていて、こんなに動くのかというくらい、丁寧に描かれています。作画の方々も「寝るよりも描きたい」というほど熱量を込められた作品ですので、どうぞお楽しみください!

 

伊藤監督:
ようやくこの瞬間を迎えられるのだという気持ちでいっぱいです!約2時間、エンドロールの最後の最後まで、しっかりとお楽しみください!

 

作品情報
『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』

公開日:2月18日(土)全国ロードショー  配給:アニプレックス 上映時間:119分
コピーライト:通常版:(C)2016 川原 礫/KADOKAWA 
アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

 

シェア / 保存先を選択