『T2 トレインスポッティング』がイギリスで先行公開 3日間で興行収入7億円超えのヒットスタート

SPICER
 Photo=Jaap Buitendijk

Photo=Jaap Buitendijk

画像を全て表示(3件)

映画『T2 トレインスポッティング』がイギリスで先行公開され、週末興行成績で7億円を超えるヒットスタートを切った。

『T2 トレインスポッティング』は、アーヴィン・ウェルシュの同名小説を1996年にダニー・ボイル監督が映画化した『トレインスポッティング』の続編。スコットランドを舞台に、ヘロイン中毒の若者たちの刹那的な青春を、斬新な映像とブリットポップを中心とした音楽で描き、本国イギリスを中心にヨーロッパ、アメリカ、日本でもヒットした。続編となる『T2 トレインスポッティング』は前作の20年後を舞台とし、大金を持ち逃げしていたレントン(ユアン・マクレガー)がスコットランド、エディンバラに舞い戻り、表向きはパブを経営しながら、売春、ゆすりを稼業とするシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)、家族に愛想を尽かされ、孤独に絶望しているスパッド(ユエン・ブレムナー)、刑務所に服役中のベグビー(ロバート・カーライル)と再会する。

同作は、全世界に先行して本国イギリスで1月27日(金)から1000スクリーンにて公開をスタート。1月27日から29日までの週末興行成績で7億2254万円($6.3M/1ドル=114.69円として)を記録し、ランキングでは『SING/シング』に次ぐ2位となった。

作品の舞台でもあるスコットランド・エディンバラでは、現地時間1月22日(日)にワールドプレミアが開催されている。会場では、主演のユアン・マクレガーをはじめジョニー・リー・ミラー、ユエン・ブレムナー、ロバート・カーライル、ダニー・ボイル監督、脚本のジョン・ホッジが20年ぶりに集結。前作の『トレインスポッティング』当時には生まれていなかった若者もふくめ、多くの地元のファンたちの歓待を受けた。

 

左から、ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ロバート・カーライル、ジョニー・リー・ミラー スコットランド・エディンバラ ワールドプレミアのようす

左から、ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ロバート・カーライル、ジョニー・リー・ミラー スコットランド・エディンバラ ワールドプレミアのようす

 

映画『T2 トレインスポッティング』は4月8日(土)、 丸の内ピカデリーほかにてロードショー。
 

作品情報
『T2 トレインスポッティング』​
 

監督:ダニー・ボイル
脚本:ジョン・ホッジ

出演:ユアン・マクレガー/ユエン・ブレムナー/ジョニー・リー・ミラー/ロバート・カーライル

公式サイト: http://www.t2trainspotting.jp/
シェア / 保存先を選択