市川海老蔵、寺島しのぶの六本木歌舞伎『座頭市』遂に開幕! ゲネプロレポート

レポート
舞台
2017.2.4
六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより


市川海老蔵寺島しのぶの共演で話題の六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』のゲネプロ(総通し稽古)が、開幕前日の2月3日にEX THEATER 六本木で行われた。会場には、演出の三池崇史、脚本のリリー・フランキーが顔を揃え、客席には海老蔵の長男・勸玄くん、長女・麗禾ちゃんも姿をみせた。

三池×リリーの『座頭市』の世界

冒頭から、海老蔵演じる盲目の座頭・市が、鮮やかな立ち回りで刺客を切り捨て、早替えで場内を盛り上げる。表向きは諸国を旅するあん摩だが、実は前科者の侠客という役どころだ。

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

舞台は、大江戸の歓楽街・六本木温泉宿場町へ。現代のネオン街のような灯り、呼び込みの声、賑やかな音曲。新造、禿を引き連れた花魁・薄霧太夫(寺島しのぶ)の花魁道中に、舞台は華やかさが増す。喧騒の中、再び現れた刺客を市はあっさりと退治する。薄霧太夫はここで、一度、市に目を留めるがそのまま通り過ぎていく。

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより 上手奥には六本木ヒルズが?

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより 上手奥には六本木ヒルズが?

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより 亀や犬の姿も

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより 亀や犬の姿も

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

寺島しのぶは花魁の薄霧太夫と、盲目の女中・すずの二役を演じる。薄霧太夫とは対照的に、すずはウブで健気な美少女だ。旅籠・乃木坂屋の主人に弥太郎(市川右之助)にこき使われている様子を、市はきいていた。目の見えない自分の境遇と重ね、市は、自らが盲目であることは隠し、すずに近づき、薪割のコツを教えてやり、「今宵の満月みてえに綺麗だよ」と励ましてやる。このあとラップのシーンでは「歌舞伎役者の成田屋♪コンなことしていていいのかい?」と歌い会場を盛り上げた。

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

丁半のサイコロ賭博のシーン。市は、耳の良さからいかさまを見破る。脇差しを抜きいきり立つ賭場の組員を止め、その場を治めたのが、ずっと静かに座っていた片腕の男・風賀清四郎。「あんたみたいな強い男が、今わの際にどんな顔をさらして命乞いをするのかみてみたい」と恍惚とした笑顔で語るエキセントリックな役を、市川右團次が怪演している。

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロ

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロ

市に一目ぼれした薄霧太夫は、2階の座敷に市を呼び寄せ口説く。帯をほどかれ、たじたじになる海老蔵に、思わず笑ってしまう。リリー・フランキーの脚本によるものか、三池崇史の演出によるものか、あるいは海老蔵、寺島のアドリブか、「子どもの前でやっちゃいけない」と海老蔵が口走るほどに濃密な濡れ場は、第一幕のハイライト。第二幕で寺島は、薄霧太夫とすずを連続の早替えで演じてみせ、ここも客席が盛り上がるシーンのひとつ。

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより 寺島しのぶが二役早替の一場面

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより 寺島しのぶが二役早替の一場面

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより 寺島しのぶが二役早替の一場面

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより 寺島しのぶが二役早替の一場面

舞台、花道、客席で大立ち回り

第二幕。清四郎が市の命を狙っていることから、薄霧は、市とともに町を抜け出そうとするが、追っ手に取り囲まれる。市(海老蔵)と清四郎(右團次)の立ち回りは、歌舞伎に馴染みがなくてもアクション映画を見るように楽しめるだろう。クライマックスに向け、物語は加速する。

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

六本木歌舞伎 第二弾『座頭市』ゲネプロより

花道だけでなく、通路もフルに使い、たびたび観客を巻き込む演出。時事ネタも満載の脚本(アドリブ?)。これは歌舞伎以上に傾いた、大人のためのエンタテイメントショウだ。

ゲネプロ終了後の会見では、海老蔵が寺島について「音羽屋のお嬢さんが、早替えや花魁道中などを演じるのを見て感慨深かった。彼女がもし男だったら(どんな歌舞伎役者になっていたか)考えるほどだった」と述べた。一方、寺島は「歌舞伎の色んな要素をこれだけやらせてもらって感謝です。自分が歌舞伎が好きだったことを改めて実感しました。でも、楽しい反面、楽しいなどといってる場合ではないほど、本当に大変でした。周囲のみんなは私が女であることを忘れてる(笑)」としきりに苦労を強調していたのが印象的だった。

囲み会見より

囲み会見より

六本木歌舞伎第二弾『座頭市』は、EX六本木シアターにて2月4日から2月20日まで開催。

(左から)寺島しのぶ、市川海老蔵

(左から)寺島しのぶ、市川海老蔵

公演情報
六本木歌舞伎 『座頭市』

公演日程:2017年2月4日(土)~2月20日(月)
会場:EXシアター六本木(東京都港区西麻布1-2-9 TEL:03-6406-2222)

脚本:リリー・フランキー 
演出:三池崇史 

<主な出演>
市川海老蔵、寺島しのぶ
市川右團次、市川九團次、大谷廣松、片岡市蔵、市川右之助

入場料金:一等席13,000円 二等席10,000円(全席指定・税込) 
                 ※未就学児童入場不可 
前売開始:絶賛発売中

問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ) TEL:03-3538-2300(平日 11:00-19:00)
公式HP:www.roppongikabuki2.com

シェア / 保存先を選択