とんかつ屋とDJは、やってることが同じ? 『とんかつDJアゲ太郎』が繰り広げる熱き青春ストーリー

SPICER

画像を全て表示(5件)

今回からコラムを担当させていただくことになった電子書籍・電子コミックストアのReader Store・野本です。連載企画『マンガを掘りつくせ!Manga Diggin’』では、知られざるレトロなマンガから最近話題のちょっぴり変わったマンガまで、王道マンガの片隅に咲く隠れた名作をディグっていきます。

 

渋谷の夜に青春を賭ける、若者たちの姿がアツイ!

今から約10年前。当時、渋谷の出版社でストリート系雑誌の編集者をしていたボクは、どっぷりクラブカルチャーにのめりこんでいた。仲間を集めてイベントを開催したり、DJやダンスに挑戦したり……。編集者との“二足のわらじ”を必死で模索したものの、結局どれもこれも中途半端なまま終わった。

そんなボクがハマってしまったのが、この『とんかつDJアゲ太郎』だ。自身の青春時代と同じような道をピュアな眼差しで突き進んでいく主人公・揚太郎の姿に一撃でヤラれた。揚げたてのとんかつのように熱~い話の連続で、サクサクの衣のように尖がったセリフが胸を刺す。揚太郎が出会うクラブ界隈の人々は、ボクの記憶の中にいる当時の仲間たちの姿そのままだったからだ。ゆる~い脱力系のギャグマンガと勘違いしていたが、蓋を開けてみれば渋谷の夜に青春をかける若者たちの魂が詰まった、渾身の一作やんけ! ふと、「絵柄だけを見て敬遠している人も多いのでは?」と感じたボクは、この場を借りて本作の魅力を語らせていただくことにした。

 

クラブカルチャーがテーマの“王道少年マンガ”

本作の主人公である勝又揚太郎(かつまた あげたろう)は、渋谷の老舗とんかつ屋「しぶかつ」の三代目(この三代目は、あの“三代目”とかけてる?)。家業を継ぐための修行に明け暮れるなか、伝説のDJビッグマスターフライに出会ったことで、とんかつ屋兼DJ=“とんかつDJ”という謎のキャリアをスタートする物語だ。

揚太郎は“生まれも育ちも渋谷”というオシャレなプロフィールを持ちながらも流行に疎く、好きな女の子とまともに話すこともできないピュアボーイ。この時点で「渋谷が舞台なのに、こんな主人公いるわけない」とツッコミたくなる人もいるかもしれないが、ボクはまずこの設定にこそリアリティを感じずにはいられなかった。なぜなら、若者の街として名高い渋谷だが、道玄坂を一本裏の道に入ったクラブ界隈には、昭和の香りがそこかしこから漂ってくるダウンタウンが広がっているからだ。作中にも登場する百軒店には、元祖焦がしネギラーメンでおなじみの中華料理店「喜楽」、食通として知られる池波正太郎も通ったカレー店「ムルギー」など、創業から60年以上も地域の人々に愛される名店が今も健在。

そんな老舗飲食店に、ちょっぴりわんぱくな跡取り息子がいたとしたら……? それはきっと本作の揚太郎のように、意外とピュアな子に育つのかもしれない。彼にとって渋谷という街は、目いっぱいオシャレを決め込んで出歩く若者の憧れの街ではなく、ただの地元でしかないからだ。

 

とんかつとDJの“繋ぎっぷり”も見事

クラブカルチャーに明け暮れる青年といえば、チャラチャラしたナンパ者や『TOKYO TRIBE』に出てくるアウトローを連想してしまうだろう。しかし、そういったダークなイメージをまったく持たない好青年を主人公に据えていることが、本作の大きな魅力になっている。平凡な青年・揚太郎が、がむしゃらに努力を続けて成長していく姿は往年の少年マンガの主人公の姿そのものであり、“痛快”という言葉でしか表現できない抜群の面白さがある。

DJが主人公の少年マンガ……。ボク自身、マンガの編集経験もあるのだが、同じような設定を考えたことはあっても、実現する日がくるとは夢にも思わなかった。ましてや、とんかつ屋だって!? 「これ考えた人、天才じゃん」ってくらいに脱帽!  まったく無関係に思えるとんかつとDJの“繋ぎっぷり”も実にお見事なのだ。

作中、さまざまな経験から「とんかつ屋とDJは同じなのか」とひらめく揚太郎。その姿に、最初は強烈な違和感を覚えたものの、話が進むにつれて「とんかつ=DJ」という構図が当たり前のように頭に染み込んでくるから不思議だ。とんかつ屋の経験がなぜかDJに役立ち、DJの経験がとんかつ屋の仕事に生きる……。この摩訶不思議なサイクルが違和感なく繰り返され、揚太郎は回を重ねるごとに見事に成長を遂げていく。じゅんじゅわ~……。とんかつを揚げる擬音がだんだんと病みつきになり、気がつけばむさぼるように次から次へとページをめくってしまう。箸が止まらない極上のとんかつのようにジューシーな本作を、ぜひペロリとご堪能あれ!

 

書誌情報
『とんかつDJアゲ太郎』
 


イーピャオ (原案)/小山ゆうじろう (漫画)
出版社 :集英社
掲載誌 :少年ジャンプ+

Reader Storeで試し読みができます。 >>Reader Storeとは?
試し読みはこちら
シェア / 保存先を選択