ゴッホ兄弟を描いた漫画「さよならソルシエ」がミュージカル化

「このマンガがすごい!」2014年オンナ編で1位を獲得した、穂積の漫画「さよならソルシエ」が、16年3月にミュージカル化される。

小学館「月刊フラワーズ」にて12〜13年に連載された本作。女性から熱い支持を得て、全2巻の単行本の累計発行部数が50万部を突破する人気作となっている。

舞台は19世紀末のパリ。のちの天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、その弟で画壇界を席巻する天才画商のテオドルス・ファン・ゴッホという、二人のゴッホの確執と宿命、そして、きずなを描いた感動作だ。

脚本・演出は、劇団「AND ENDOLESS」を主宰し、舞台『戦国BASARA』シリーズを手掛けてきた西田大輔が担当。音楽には、蜷川幸雄演出『オセロー』や手塚治虫原作『虹のプレリュード』などに携わり、映画やテレビアニメでも活躍するかみむら周平を迎える。

キャストなどの詳細は未公開。ファンは今後の情報をチェックしておこう。

演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択