SCANDALはこの10年の間、何を想い、考えてきたのか?【MAMI&RINA編】

SPICER
SCANDAL(RINA/Dr,Vo、MAMI/G,Vo) 撮影=西槇太一

SCANDAL(RINA/Dr,Vo、MAMI/G,Vo) 撮影=西槇太一

画像を全て表示(10件)

結成10周年を記念したベストアルバム『SCANDAL』を2月15日にリリースするSCANDAL。ボーカル&ダンススクールで出会い、数々の葛藤や喜びを共有しながら快進撃を続けてきた彼女たちが、この10年の間に何を想い、考えてきたのか? MAMI(G,Vo)&RINA(Dr,Vo)、HARUNA(Vo,G)&TOMOMI(B,Vo)の二人ずつのペアに分かれてインタビューを実施し、面と向かっては言えない言葉の数々を訊き出した。第一弾は、ベストアルバム『SCANDAL』に収録される新曲、「FREEDOM FIGHTERS」と「HELLO」の作詞・作曲を担当したMAMI&RINA編をお届けする。

◆SCANDALはこの10年間で何が変わり、何が変わっていないのか?

――10年振り返ってみて、改めて感じることってある?

MAMI:最初の頃は本当に何も解ってなかったんだなって思う。

RINA:うん。ただただガムシャラだったね。

MAMI:そうだね。特にボクは、バンドに対しての想いだったり、楽器に対する想いであったり、ヴィジュアル面に対する想いだったり、すべてのことにおいて、みんなよりも鈍感だったなって思う。それがね、徐々に変化してきたんじゃなく、自分たちで曲を作り始める直前くらいに、すべてが変わったなと思う。自分たちがバンドとして生きていく上で、何をすべきかとかってことを考えるようになったっていうか。

――具体的にどんな変化があったの?

MAMI:自分の中で音楽の聴き方も変わったし、いろんなモノに興味を持つ様になった。まだまだ勉強不足だけど、変化してから、それまでの自分を振り返ると“え!? どうした? 寝てた!?”って思うくらい、何にも考えてなかったなって思う。でも、たぶんね、それまでの自分もそれなりに頑張ってたんだと思うんだけど、“こなしてた”っていう感覚だった気がして。そういう時期があったからこそ、その反動もあるのか、今、すごくいろんなことに対して“やりたい!”っていう想いを強く持ててるというか。だからね、何にも考えてなかった時期もあって良かったんだなって思えてる。

――人間“そのとき”には解らないものだったりするからね。

MAMI:そう! ホントにそう! あの頃はあの頃で大事な時間でもあるから、後悔はないんだけど、でも、やっぱり今想うと、“もっともっと勉強しとけば良かったな”って思う。1日1日がすごく濃い1年だったなって。

SCANDAL MAMI(G,Vo) 撮影=西槇太一

SCANDAL MAMI(G,Vo) 撮影=西槇太一

――RINAはどう?

RINA:私も。本当にいい10年だったなって思います。人生が終るときも“SCANDALで良かったな”って思えるやろなって思う。ずっと青春やし、私の人生の核なんですよね、一生。本当に大事ですね。私は、わりと小さい頃からこういう世界を夢見てたから、デビューした頃から変わってないと思うんやけど、向上心とか欲というのは、どんどん色濃くなっていってるなって感じてる。下手くそだった部分が、少しずつクリアになっていってるなって思っていて。だからね、まだまだやなって思うし、これからやなって思うとこもたくさんある。

――まだまだ発展途上ってことだね。

RINA:そう。ほんまにまだまだ途中やと思う。そういう意味ではね、10年間って、ずっと自分と戦って生きて来た10年でもあったなって思いますね。

――昔、ふとした瞬間にRINAの腕を掴んだとき、こんなにも華奢なのに、肘下の筋肉がすごくしっかりついていて、驚いたことがあったの。“すごく練習頑張ってるんだな”って、キュンとして涙が出そうになったことがあったの覚えてる。

RINA:あはははは。キュンとしてくれてたんや(笑)。でも、嬉しい。一生懸命練習してるから、めっちゃ筋肉ついてしまっててね(笑)。でも、辛いと思ったことはない。基本やりたくて好きなことをやってるから、ずっと楽しくて幸せやからね。でもね、その分、ライブをやればやるほど、自信つくんだけど、同じく自信を無くす日々だし。楽ではなかったですね。同じことは、もう二度と出来ないって思えるくらい1年1年をやりきってきたなって思う。

――人生のすべてがSCANDALなんだね。

RINA:そう。でもね、最近は、音楽以外のものから、自分にプラスになるものをずっと探しながら生きてる感じ。いろんなことに挑戦してみたいって思えるようになったし、生活の仕方が、すごくオープンになった気がしてます。出かけてみようとか、1人で旅行してみようとか、語学の学校に行ってみようとか、大人になってから、こんなに習い事したいって思えるとは思わなかった。今、生きて来た中で、1番いろんなことに興味があるの。この前ね、メンバー4人で呑んでたときに、“RINAは全身がバナーになってて、どこを押しても、リンクがSCANDALに飛んでるよね”って言われたの(笑)。

MAMI:でもね、本当にそう思うよ(笑)。本当に常にSCANDALのこと考えてるもんね、RINAは。

RINA:まさにそうで、ずっとSCANDALのこと考えてる(笑)。“これ何かに出来ないかな?”って常に考えてる。SCANDALの為に、自分がもっと力になりたいって思ってるから、何が出来るだろう?って毎日考えてる。

SCANDAL RINA(Dr,Vo) 撮影=西槇太一

SCANDAL RINA(Dr,Vo) 撮影=西槇太一

――RINAのそういう想いの一つひとつがSCANDALの楽曲の欠片となり、歌詞の欠片になっていってるんだもんね。MAMIが楽曲や歌詞を作るときは、どういうところから0が1になって形になっていくの?

MAMI:自分が好きで聴いてる音楽からの影響はすごく大きいと思う。曲を作ってても、やっぱり自分が好きだったルーツの音楽に戻って来るというか。いっぱいいろんな音楽を聴くんだけど、やっぱりそこに戻って来る。それが今、“MAMIっぽい曲”になっているんだと思う。よく、曲を作って持っていくとメンバーとかにも“MAMIっぽいよね!”って言われるんだけど、そういう“自分らしさ”が、最近は自分でも解るようになってきたの。

――自分で自分らしさを理解できるってすごいことだよね。すごい強みでもあると思う。自分のルーツを、しっかりと自分のものとして、そこをちゃんと個性に出来てるってことだもんね。

MAMI:なんかね、良くも悪くも、すごく客観視しちゃうんですよ、ボク。だから一時期、自分たちの曲を作るっていう意識じゃなく、“MAMIがSCANDALというバンドの曲を作る”っていう感覚で曲を作ってたのかなって思っていて。実際スタッフさんにそう言われたことがあって、その意味を自分でもなんとなく理解出来たんです。

――そうなんだね。そこはRINAとは違うよね。RINAは今聞いた話だと、第三者的な目線では作ってないもんね。

RINA:そうですね。私は超ど真ん中だと思います。自分たちの現状があるからこそ出てくる言葉だとか、自分の生活のスタイルがあるから、書きたいテーマが生まれるとかなんですよね、私の場合。

――直結してるんだね。

RINA:そう。直結してると思う。だからね、日々の生活の仕方が本当に大切だなって思ってるんです、最近。

――歌詞の変化はRINAそのものの変化と繋がってるってことだもんね。

RINA:そうなんですよ。最近ね、ミュージシャンと呑みに行ったりご飯に行ったりする機会が多くなったんですよ。いままでは、敢えてそういう時間を避けてたんですけど、最近は誘ってもらったら断らないようにしようっていう“自分ルール”を作って、可能な限り行くようにしているんです。不思議とそういう気持ちに自分がなったら、声をかけてくれる人が増えたんです。なので、10年目にして友達がちょっと増えてきてます(笑)。ほとんど音楽の話しかしないんですけど、人の話を聞くことが本当に楽しくて。話してて、イメージ変わったって言われることが多いんですけど、私ってどう見られてたんだろ!? って思ったりもして(笑)。それに、SCANDALって早いうちからテレビに出たりしてたから、パブリックイメージでいろいろと誤解されてるところがあったんだなぁとか。でも、面と向かって話すことで、ちゃんと同じハートを持ったバンドマンなんだって解ってもらえるというか。そういうのが、今、本当に楽しいですね。これって、すごく大きな変化なんですよ。私、メンバーさえいてくれたらそれでいい! っていう人間でしたからね(笑)。

SCANDAL(RINA/Dr,Vo、MAMI/G,Vo) 撮影=西槇太一

SCANDAL(RINA/Dr,Vo、MAMI/G,Vo) 撮影=西槇太一

◆新曲「FREEDOM FIGHTERS」と「HELLO」に込めた想いとは?

――ベストアルバム『SCANDAL』に収録される新曲、「FREEDOM FIGHTERS」と「HELLO」は、両曲ともRINA作詞、MAMI作曲なんだよね。どんな想いがあって、形になっていったの?

RINA:「HELLO」は少し前に完成していて、いつかいいタイミングが来たら、みんなに聴いてもらいたいなって思って温めてた曲なんですけど。今回のベストアルバムの店着日がバレンタインデーということだったので、季節的にも冬のラブソングを聴いてもらいたいなと思って、最初に選曲したんです。「FREEDOM FIGHTERS」は、そことは正反対というか、自分たちが得意なことばっかりを詰め込んだキラーチューンを作りたいなと思って、曲調も激しくてカッコイイものというところを意識して、歌詞から書いて作ったんです。

MAMI:「HELLO」を入れようっていうのが先に決まったんで、そことは真逆なエッセンスを加えたいと思って、メンバーと話し合って「FREEDOM FIGHTERS」が出来上がっていった感じだったんです。まさに、「FREEDOM FIGHTERS」は、今のSCANDALの理想の形が出来たなって思ってますね。必殺技を全部詰め込めた感じというか。10周年のタイミングでこの曲が作れたことも、このベスト盤に入れられたことも、すごく嬉しく思ってる1曲で。いい意味で集大成な1曲になったなって。もちろん、この先が無いという意味ではなく、この10年を詰め込めたという意味での集大成だなって思いますね。

――たしかに、“全部入り”な1曲だよね。でも、詞先だったとは、ちょっと意外だったな。曲が先なイメージな1曲でもあったから。

RINA:うんうん。すごく伝えたいメッセージがあって。自由を主張して、街を行進していくっていう情景を思い浮かべながら作っていった曲だったんですよ。自分たちのリスナーって、中高生が圧倒的に多いこともあって、そういう子たちに、1番伝えたいメッセージとして“自由に生きてほしいな”って思ったんです。自分は何者なんだろう?って思ったり、自問自答する時間がすごく多いと思うんですけど、それくらいの年頃って、好きな音楽から受ける影響ってすごく大きいと思うんです。また、それがこれからの人生や未来を大きく左右するくらいの力があると思ったので、そういう子たちに、“自由に生きていいんだよ”“好きな未来を自分で選べよ”って言いたいなって思ったんです。そういう言葉を歌詞にするときって、オリジナルの意見というのが必要だから、大切に時間をかけて書いていったんです。自分も自問自答しながら、いろんな葛藤の中で曲を作ってるなって。実際、「FREEDOM FIGHTERS」を形にするまで、すごく時間がかかったし、悩んだし。伝えたいことがハッキリとあって、強いからこそ、なかなか納得いかなくて時間がかかったというか。人にこれだけの強いメッセージを伝えるんだから、本当にやりたい曲しか作っちゃいけないなって思ったんです。いろんな作り方で曲を作ってきたけど、一生ライブでやり続ける曲しか作っちゃいけないなと思って、とことんこだわって作ったんです。

――自分たちに向けての想いもそこにあったんだろうね。

RINA:そうなんです! 自分たちのファンのみんなに届けたい想いだったんだけど、バンドにも喝を入れてくれるような曲になったなって思ってますね。一緒に戦っていくんだなっていう感じ。

――そうだね。でも、まだ4人とも20代で、世の中的にはまだまだ自分たち自身の道も定まりきれていない人たちもいる世代でもあるのに、4人は早い段階からSCANDALとしての人生を歩んでいるからこそ、リアルな感情として「FREEDOM FIGHTERS」を生み出せたんだろうね。

RINA:そうですね。本当に、これまでの道のりがなかったら生み出せなかった言葉だし、サウンドだったと思いますね。でもね、だからこの曲を世の中に出すということは、自分たちにとって挑戦でもあるんです。そう言い続けられる自分たちでいなくちゃダメだから。この曲を胸張って届けられるように、頑張らなくちゃなって、今、改めて気合いが入ってます。

――無責任に背中を押したくないってことだよね。

RINA:うん、そう。自分たちがこの曲を胸張って届けられない生き方をしてたら、このメッセージをちゃんと伝えることが出来なくなっちゃうと思うからね。

MAMI:うん。本当に今、そういうモードだなって思いますね。4人でこの先どういうライブをしたいとか、どんなステージに立ちたいっていう話をしているときに、言わずとも全員の意識がバンドに集中してるなって感じるんです。今のモードだったら「FREEDOM FIGHTERS」を届けることが出来るって確信して、このアルバムに入れたんです。そういう覚悟がなくちゃ、やっちゃいけない曲だと思ったから。そこは4人でちゃんと確認し合って入れることにした1曲なので、ここに託した想いを、この10周年という1年をかけて証明していけたらいいなと思ってます。

SCANDAL RINA(Dr,Vo) 撮影=西槇太一

SCANDAL RINA(Dr,Vo) 撮影=西槇太一

SCANDAL MAMI(G,Vo) 撮影=西槇太一

SCANDAL MAMI(G,Vo) 撮影=西槇太一

◆MAMIとRINAを支えてくれた言葉とは?

――「HELLO」の歌詞の中に<君がくれた言葉>っていうフレーズが出てくるけど、それぞれを支えてくれた言葉ってある?

MAMI:支えてくれた言葉というか、その言葉で気付かせられた一言というのはありますね。自分たちで、いろんなことをやっていきたいって思えるようになった時期なんですけど、ボクがいきなり金髪にした時があったんです。その頃、みんなに“変わったね”って言われたんです。自分では髪色変えただけのことだったんだけど、たしかに、ライブや制作に対して自然と意欲的になれていた時期ではあって、周りにいてくれた人たちみんなが、口を揃えて“変わったね”って言ってくれて。その時はあまり実感がなかったけど、後になって“なるほどなぁ”って思ったというか。みんなの言葉で自分に気付けたところがあったなって、今、改めて思ってますね。

――いい話だね。RINAはどう?

RINA:私は、長年SCANDALについてくれてるマネージャーの一言ですね。自分の考え方と近い部分があるなって感じるんですけど、そのマネージャーが、いつも“やっちゃいけないことなんてないんだから、もっと自由になんでもやってみろ”って言ってくれているんです。“オマエらそんなにいい子じゃないだろ。だったら本当にやりたいと思うこと、正直にやれよ”って。その言葉は、音楽をやる上ですごく勇気をくれる言葉だなって思っているんです。私ね、SCANDALを始めてから、いつも“いつか死んじゃうんだから”って思っているんです。人生には、いつか終わりがくるから、自分が“やりたい”と思ったときに、ちゃんとやりたいことをやろうって思うようになりましたね。まさに、「FREEDOM FIGHTERS」です(笑)!

 

◆メンバーそれぞれに、いま伝えたい気持ちとは?

――それぞれのメンバーへ、10周年を迎えた今だからこそ言えるメッセージを言ってもらってもいい?

RINA:なんかちょっと照れるな(照れる)。

MAMI:えぇ~。なんだろぉ(悩む)。

――じゃあ、まずHARUNAへ。

MAMI:HARUちゃんかぁ。そうだな。SCANDALの始まりは特殊だったから、みんなそれぞれ右も左も解らない状況の中からのスタートだったけど、そんな中で、バンドになって、楽器を弾きながら歌うことになって、さらにリーダーになったHARUちゃんは、特別大変だったと思う。当時は高校3年生だったしね。HARUちゃんには女性シンガーとして歌うという夢があった中で、引っ張っていかなくちゃいけない立場で、ウチらを引っ張っていってくれてたわけだから。本当に当時を思うと、よく耐えたなって思う。いろんなことに敏感で、いろんなことに対応できる人だって思ってたんだけど、ずっと一緒にいるうちに、苦手な部分も解る様になっていって。弱音を吐かなくて耐えちゃって、強がっちゃうタイプだから、そういうところを3人でフォローして支え合っていかなくちゃいけないなって思ってる。この先、SCANDALはどんどんバンド志向になっていくと思うから、そんな中でHARUちゃんは必死で変わろうとしているのがすごく解るから、そんなHARUちゃんにすごく期待してます!

RINA:いつもありがとうって思ってます。私はずっと後ろからHARUNAの背中を見てきてるけど、余裕そうに見えて、いつもギリギリなところで踏ん張って、頑張ってステージに立っているから、それがカッコイイなって思ってます。すごくロックな女性だなって。常に自分と戦ってる。なりたい自分になって、ずっと輝いててほしいなって思います。これからも、好きなことをいっぱい一緒にやっていこうね! って思ってます。大好きです。

――TOMOMIへ。

MAMI:TOMOちゃんなぁ。本当に今も昔も、器用なところは尊敬してる。TOMOMIから出てくるモノって、びっくり箱をひっくり返すみたいな感覚なんだよね。歌詞も独特だし、絶対に他の人には無いものを持ってる人だし。すごく才能のある人だと思うから、これからも変わらず続けていってほしいなって思うし、“もっと自信持っていいんだよ”って思う。メンバーもスタッフも、ファンのみんなもすごくTOMOちゃんのこと認めてるし、もっともっと自信持ってね! って言いたいな。

RINA:うん。TOMOMIは本当になんでも出来ちゃうから、見てて気持ちいいです。器用な人って、TOMOMIみたいな人のことを言うんだと思う。周りからは、天然とかフワフワしてるって言われることが多いと思うけど、すごくしっかりしてるし、自分の考えを持ってる人だし、芯の通った素敵な女性だと思うから、そういう私たちしか知らないTOMOMIを、もっともっとみんなに知ってもらえたらなと思う。本当にとっても面白い人なので。………好きです(笑)。

――あははは。告白(笑)!? じゃあ、お互いは?

MAMISCANDALの中にはいろいろな役割り分担があって、HARUちゃんがリーダーで、TOMOちゃんがムードメーカーで、ボクがバンマスだったりするんだけど、RINAちゃんはずっと3人を支えてくれてる裏のリーダーだと思ってる。RINAちゃんの言葉とか行動に、みんなが触発されて“よし頑張ろう!”ってなることが多いし、僕もHARUもTOMOも、RINAに影響を受けてるなって思う。作詞作曲する上でも、すごくスピーディーだし、“なるほど!”って思うことを言ってくれるし、本当に頼りにしてますね。これからもSCANDALの音楽の核となる部分を作っていける2人でいれたらいいなと思ってます。いいパートナーでいて下さい。

RINA:はい! 嬉しいです! ってか、やっぱりこれ、めっちゃ照れるなぁ(照れる)。

――じゃあ最後に、RINAからMAMIへ。

RINA:私は、MAMIが、今のSCANDALの先頭に立ってると思ってます。MAMIのソングライティングの才能が爆発したことによって、SCANDALというバンドの未来が、すごく長くなったと思うし、新しい扉を開いてくれたなって思いますね。自分たちで好きな曲を作ってツアーをまわれてるのって、MAMIがいるからだし、MAMIがいてくれるから、今、此処にいられるなって。普段話してても本当に面白いし、楽しいし。そういうメンバーが自分たちのバンドのメンバーにいるってことに、幸せを感じてます。SCANDALというバンドの財産だと思うし、自慢のメンバーです。なので………好きです(笑)。

MAMI:あはははは。ありがとうございます(笑)!

RINA:本当にずっとこの先も、この4人で一緒にいたいなって思いますね。本当に。


取材・文=武市尚子 撮影=西槇太一

SCANDAL 撮影=西槇太一

SCANDAL 撮影=西槇太一

 
リリース情報
BEST ALBUM『SCANDAL』
2017年2月15日(水)発売
 
【完全生産限定盤】CD2枚組+ Candy Stripper×SCANDAL Tシャツ
ESCL-4810~ESCL-4812  ¥6,000(税抜) 
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=ESCL-4810
『SCANDAL』【完全生産限定盤】

『SCANDAL』【完全生産限定盤】

 
【初回生産限定盤】CD2枚組+DVD
ESCL-4813~ESCL-4815 ¥4,200(税抜) 
DVD内容:ヨーロッパツアー完全密着"ロードムービー”
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=ESCL-4813
『SCANDAL』【初回生産限定盤】

『SCANDAL』【初回生産限定盤】

 
【通常盤】(初回仕様)CD2枚組
ESCL-4816~ESCL-4817 ¥3,500(税抜)
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=ESCL-4816
『SCANDAL』【通常盤】

『SCANDAL』【通常盤】

 
<収録曲>
1.SCANDAL BABY
2.Stamp!
3.少女S
4.ピンヒールサーファー
5.S.L.Magic
6.スイッチ
7.Departure
8.Hello! Hello!
9.テイクミーアウト
10.下弦の月
11.OVER DRIVE
12.LOVE SURVIVE
13.太陽と君が描くSTORY
14.会いたい
15.ちいさなほのお
16.EVERYBODY SAY YEAH!
17.Image
18.FREEDOM FIGHTERS(新曲)
 
1.瞬間センチメンタル
2.太陽スキャンダラス
3.サティスファクション
4.LOVE ME DO
5.夜明けの流星群
6.ビターチョコレート
7.会わないつもりの、元気でね
8.Welcome home
9.Sisters
10.DOLL
11.Flashback No.5
12.カゲロウ -album mix-

13.HARUKAZE
14.one piece
15.声
16.Your song
17.HELLO(
新曲)
18.SCANDAL IN THE HOUSE

 

ライブ情報
SCANDAL TOUR 2017『SCANDALの47都道府県ツアー』
日程:3月11日(土)
地域:熊本
会場:熊本 B.9 V1
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:3月12日(日)
地域:宮崎
会場:宮崎 WEATHER KING
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:3月14日(火)
地域:長崎
会場:長崎DRUM Be-7
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:3月15日(水)
地域:佐賀
会場:佐賀GEILS
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:3月17日(金)
地域:山口
会場:周南RISING HALL
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 082-249-8334

日程:3月18日(土)
地域:島根
会場:松江AZTiC canova
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 086-221-8151

日程:3月20日(月・祝)
地域:鳥取
会場:米子AZTiC laughs
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 086-221-8151

日程:3月25日(土)
地域:石川
会場:金沢EIGHT HALL
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:FOB金沢 076-232-2424

日程:3月26日(日)
地域:富山
会場:富山MAIRO
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:FOB金沢 076-232-2424

日程:3月28日(火)
地域:長野
会場:長野CLUB JUNK BOX
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:FOB新潟 025-229-5000

日程:4月1日(土)
地域:新潟
会場:新潟LOTS
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:FOB新潟 025-229-5000

日程:4月2日(日)
地域:新潟
会場:新潟LOTS
開場 16:30 / 開演 17:00

問い合わせ先:FOB新潟 025-229-5000

日程:4月5日(水)
地域:千葉
会場:千葉LOOK
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:4月8日(土)
地域:高知
会場:高知CARAVAN SARY
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:デューク 088-822-4488

日程:4月9日(日)
地域:香川
会場:高松festhalle
開場 17:15 / 開演 18:00
問い合わせ先:デューク 087-822-2520

日程:4月11日(火)
地域:愛媛
会場:松山WstudioRED
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:デューク 089-947-3535

日程:4月12日(水)
地域:徳島
会場:徳島club GRINDHOUSE
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:デューク 087-822-2520

日程:4月15日(土)
地域:東京
会場:Zepp Tokyo
開場 17:00 / 開演 18:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:4月16日(日)
地域:山梨
会場:甲府CONVICTION
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:4月22日(土)
地域:大阪
会場:Zepp Osaka BaySide
開場 17:00 / 開演 18:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:4月23日(日)
地域:愛知
会場:Zepp Nagoya
開場 17:00 / 開演 18:00
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

日程:4月28日(金)
地域:神奈川
会場:川崎CLUB CITTA’

開場 18:00 / 開演 19:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:4月30日(日)
地域:群馬
会場:高崎club FLEEZ

開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:5月2日(火)
地域:埼玉
会場:HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:5月4日(木・祝)
地域:福井
会場:福井 響きのホール
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:FOB金沢 076-232-2424

日程:5月6日(土)
地域:岐阜
会場:岐阜CLUB-G
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

日程:5月7日(日)
地域:三重
会場:松阪M'AXA
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

日程:5月13日(土)
地域:広島
会場:HIROSHIMA CLUB QUATTRO
開場 17:15 / 開演 18:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 082-249-8334

日程:5月14日(日)
地域:広島
会場:HIROSHIMA CLUB QUATTRO
開場 16:15 / 開演 17:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 082-249-8334

日程:5月20日(土)
地域:福島
会場:郡山HIP SHOT
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:5月21日(日)
地域:宮城
会場:仙台Rensa
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:5月23日(火)
地域:山形
会場:山形ミュージック昭和Session
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:5月25日(木)
地域:岩手
会場:盛岡CLUB CHANGE WAVE
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:5月27日(土)
地域:秋田
会場:秋田 Club SWINDLE
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:5月28日(日)
地域:青森
会場:青森Quarter
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:6月2日(金)
地域:札幌
会場:PENNY LANE24
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:WESS 011-614-9999

日程:6月3日(土)
地域:札幌
会場:PENNY LANE24
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:WESS 011-614-9999

日程:6月10日(土)
地域:和歌山
会場:和歌山SHELTER
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月11日(日)
地域:滋賀
会場:滋賀U-STONE
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月13日(火)
地域:京都
会場:KYOTO MUSE
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月15日(木)
地域:兵庫
会場:神戸VARIT.
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月17日(土)
地域:奈良
会場:奈良NEVERLAND
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月18日(日)
地域:大阪
会場:なんばHatch
開場 17:00 / 開演 18:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月22日(木)
地域:静岡
会場:LiveHouse 浜松窓枠
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション静岡 054-284-9999

日程:6月23日(金)
地域:愛知
会場:Zepp Nagoya
開場 18:00 / 開演 19:00
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

日程:6月25日(日)
地域:岡山
会場:岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
開場 17:15 / 開演 18:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 086-221-8151

日程:7月1日(土)
地域:鹿児島
会場:鹿児島CAPARVO HALL
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:7月2日(日)
地域:福岡
会場:福岡 DRUM LOGOS
開場 17:15 / 開演 18:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:7月4日(火)
地域:大分
会場:大分 DRUM Be-0
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:7月8日(土)
地域:沖縄
会場:那覇桜坂セントラル
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:7月14日(金)
地域:栃木
会場:HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:7月15日(土)
地域:茨城
会場:水戸LIGHT HOUSE
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:7月17日(月・祝)
地域:東京
会場:豊洲PIT
開場 17:00 / 開演 18:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

■券売スケジュール
一般発売 (3月,4月公演):2017年2月4日(土)10:00~
一般発売 (5月,6月公演):2017年4月1日(土)10:00~
一般発売 (7月公演):2017年6月3日(土)10:00~
チケット料金:4,860円(ドリンク代別途必要)
※4歳以上チケット必要
※女性・子供エリア 有り
 
お問い合わせ先:SCANDAL MANIA事務局 03-4332-9931(平日11:00〜18:00) 
SCANDAL MANIA HP:https://scandalmania.jp/
 
シェア / 保存先を選択