バリサクを世界に向けて発信! 第4回『東京国際バリトンサックス・フェスティバル』開催中

レポート
2017.2.11
東京国際バリトンサックス・フェスティバル

東京国際バリトンサックス・フェスティバル

画像を全て表示(4件)

バリトン・サックスを世界に向けて発信するイベント、第4回『東京国際バリトンサックス・フェスティバルのキックオフ・コンサート』が2月10日(金)に東京・吉祥寺スターパインズカフェにて開催され、東京中低域、HIBI★Chazz-K(ひびちゃずけ)、エッセンシャル・エリントンの3組が出演した。

東京国際バリトンサックス・フェスティバル』(以下、バリサク・フェス)は、バリトン・サックスだけで構成される12人編成の大所帯バンド・東京中低域がホスト役となってバリトン・サックス(以下、バリサク)を世界に向けて東京から発信するイベント。2014年2月に第1回が開かれ、メンバーの中にひとりでもバリサク奏者がいれば出演出来るイベントで、これまでに延べ100名を超えるバリサク奏者が参加しており、4回目を迎える今年は過去最大規模となる都内4ヶ所全7公演が開催される。

東京中低域

東京中低域

2月10日のオープニングにはバリサク・フェスのホスト・東京中低域が登場した。狭いステージに12人のバリサク軍団が並ぶ姿はまさに壮観。突如バリサクの爆音が会場に響き渡り、リーダーの水谷紹の高らかな開会宣言と共に第4回『東京国際バリトンサックス・フェスティバル』がキックオフを迎えた。

バリトン・サックスといえば、通常はアンサンブルのベースパートを担う。しかし東京中低域の演奏では時にリード楽器となり、個々のメンバーが次々にソロを披露するなど、バリトン・サックスの概念を変える演奏で客席を圧倒していく。

HIBI★Chazz-K

HIBI★Chazz-K

続いてはソプラノ・サックスのひび則彦が率いるHIBI★Chazz-K(ひびちゃずけ)。4本のサックスにドラムの5人編成で「世界へ音楽の架け橋を架ける工事作業人」をコンセプトに青・赤・緑のヘルメット着用で参加してくれた。

アート・ブレイキーやディジー・ガレスピー等のJAZZナンバーから、クラシックの「ダッタン人の踊り」、「ルパン三世のテーマ」にテイラー・スウィフトの「Shake It Off」まで、様々なジャンルの楽曲をHIBI★Chazz-K流にアレンジし、楽しさ全開でパフォーマンスした。

中盤はテナー・サックスの筒井洋一がバリサクに持ち替えたり、東京中低域のこーせーや、サックス奏者の土田さとしがバリサクでゲストに加わったりと、イベントにちなんでバリサクの数を増やしていく。ラストは次の出演者にちなんでデューク・エリントンの「キャラバン」。中低域のメンバーも合流し、華やかなジャズ・ナンバーでステージを締めた。

エッセンシャル・エリントン

エッセンシャル・エリントン

トリは77歳の御大ピアニスト・渋谷毅率いるエッセンシャル・エリントン。3人の管楽器奏者にドラムの5人だけの小編成でデューク・エリントンをカバーするユニットだ。

初期エリントン楽団の代表曲でもある「East Saint Louis Toodle-Oo」でステージはゆっくりとスタート。大編成のオーケストラのサウンドを、5人だけの編成で聴かせてしまうのは、渋谷毅ならではのアレンジの妙味だ。途中、清水秀子が舞台に表れるとエリントンのボーカル・ナンバーをしっとりと、時にスウィングしながら貫禄の歌声を響かせオーディエンスを魅了する。ラストはお馴染みの「A列車で行こう」で、60分弱のステージを結んだ。

東京国際バリトンサックス・フェスティバル』はこの後3月10日(金)のグランド・フィナーレまで都内で6公演を開催する。各公演の詳細はバリサク・フェス公式サイトを参照してほしい。

公演情報
第4回東京国際バリトンサックス・フェスティバル

『東京国際バリトンサックス・フェスティバル・インターナショナル・スペシャル・コンサート』
2月17日(金)開場19:30/開演20:00 @神保町試聴室
出演:グレゴワ・タテュー、上野洋子/ご案内役:水谷紹(東京中低域)
チケット価格(税込/ 1ドリンク, スナック付き):予約 2,500円/当日2,800円

『東京国際バリトンサックス・フェスティバル・ワークショッパーズ・スペシャル』
2月19日(日) 開場12:00/開演12:30 @吉祥寺スターパインズカフェ
出演:ワークショッパーズ、東京中低域/ゲスト:グレゴワ・タテュー、松本健一
チケット価格(税込/新生姜コラボ・ランチプレート付き):前売2000円/当日2500円 ※別途1ドリンクオーダー

『東京国際バリトンサックス・フェスティバル・ハーフウェイ・スペシャル・コンサート』
2月21日(火)開場18:30/開演19:30 @下北沢440
出演:グレゴワ・タテュー、東京中低域
チケット価格(税込)前売3800円/当日4300円 ※別途1ドリンクオーダー

『東京国際バリトンサックス・フェスティバル 東京中低域メンバーが松本健一氏に迫るスペシャル・コンサート』
3月3日(金)開場19:30/開演20:00 @神保町試聴室
出演:松本健一、東京中低域より5名の選抜メンバー
チケット価格(税込/ 1ドリンク, スナック付き):予約 2,500円/当日2,800円

『東京国際バリトンサックス・フェスティバル・スクリーニング・スペシャル・コンサート』
3月9日(木)開場18:30/開演19:30 @神保町・美学校
チケット価格(税込):前売1000円/当日1500円
※国内外のバリトンサックス映像の上映とバリトンサックス・フェスティバル関係者によるトーク・イベント

『東京国際バリトンサックス・フェスティバル・グランドフィナーレ・スペシャル・コンサート』
3月10日(金)開場18:00/開演19:00 @吉祥寺スターパインズカフェ
出演:ザ・スリル、渋さ知らズ劇場、東京中低域
チケット価格(税込):前売3900円/当日4400円 ※別途1ドリンクオーダー

<東京国際バリトンサックス・フェスティバル公式サイト>
http://www.eqcd.net/barisaxfes2017/

 

 

シェア / 保存先を選択