LoVendoЯ、次の目標は“死ぬまでに日本武道館”

LoVendoЯ

LoVendoЯ

LoVendoЯが昨日7月1日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にてメジャーデビュー作「いいんじゃない? / 普通の私 ガンバレ!」の発売記念イベントを開催した。

2012年11月に結成し、活動3年目となるLoVendoЯ。この日、満を持してメジャーデビューを迎えた彼女たちを祝福するために、イベント会場にはおよそ1000人のファンが駆けつけた。ライブは彼女たちの今の勢いを感じさせるロックナンバー「イクジナシ」からスタート。続けて「Stonez!!」も飛び出し、噴水広場はさながらライブハウスのような盛り上がりを見せる。

MCで田中れいな(Vo)は「モーニング娘。のときはこの場所に何度も立っていたけど、まさかLoVendoЯで立てるとは思わなかった」と噴水広場でのひさしぶりのイベントに思いを巡らせる。すると岡田万里奈(Vo)は「サンシャインに来たのが今日初めてで。テレビでしか観たことがない場所に今立ってますよ!」と感動の言葉を口にした。ここで上々軍団の鈴木啓太がMCとして登場し「普通の私 ガンバレ!」の作詞を手がけたつんく♂からの手紙を代読する。

手紙の中でつんく♂は「そろそろバンドで音を出すことの楽しさを実感してきてることだと思います。そんな時期にメジャーデビュー。とても素敵です。バンドって不思議で仲がよすぎてもダメだし、仲が悪いとそれもダメ。ある程度の距離感と信頼感。お互いがお互いのいい部分を認め、足りない部分を補っていく。そうやってそのグループにしか出せない音を作っていくんだと思います」と彼女たちにアドバイスを送った。

つんく♂からの手紙を受けて田中は「LoVendoЯを始めるきっかけをくれたのがつんく♂さんで。私がモーニング娘。を辞めて地元に帰るのを止めて『バンドをやってみよう』って言ってくれたんです。メジャーデビューという大事なときにまたつんく♂さんが関わってくれてうれしかったです」と感謝の言葉を述べた。

そしてメンバーは今後の目標を語り出す。岡田は「ポップス界のマドンナ……というのはちょっと言い過ぎなので『釣りバカ日誌』のマドンナを目指したい!」と趣味の釣り好きをアピール。魚住有希(G)は「ニュースのテーマソングとか、皆さんの耳に届きやすいところで曲を披露していきたい」と今後の目標を語った。田中は「私がモーニング娘。を卒業した日本武道館にLoVendoЯで立ちたい!」と大きな目標を宣言し大歓声に包まれた。

その後メンバーはオーディエンスと一斉に振りを行う「普通の私 ガンバレ!」を披露。ラストナンバーは魚住、宮澤茉凛(G)のハードなギターリフから始まるロックチューン「いいんじゃない?」で、田中、岡田は力強い歌声を噴水広場に響かせてイベントを終えた。

イベント終了後の記者会見では、田中に対して「いつまでに武道館公演を実現させたいか?」という質問が飛ぶ。すると田中は「死ぬまでに(笑)。ここって言ってできなかったらメンタル弱いので、死ぬまでにってことでいいですか(笑)」とおどけてみせた。岡田も武道館ライブについて「メンバーみんなでファンの皆さんに向けた感謝の曲とかを作ってみたいですね」と述べ、大きな目標に向けて意気込みを語った。また今後の活動について田中は「メンバーはアニメ好きが多いので、LoVendoЯとしてアニメのタイアップ曲とかを狙っていきたいです!」と宣言した。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択