三宅隆太が綴る映画コラムが刊行 “脚本のお医者さん” が紹介する未公開映画の愉しみ方とは?

ニュース
2017.3.7
『これ、なんで劇場公開しなかったんですか?』

『これ、なんで劇場公開しなかったんですか?』

画像を全て表示(5件)

2017年3月7日(火)に、『これ、なんで劇場公開しなかったんですか?』が刊行された。

世の中には“このままではなかったことにされてしまうかもしれない映画”が存在する。 それが“劇場未公開映画”である。 毎月、レンタルショップには何十本というDVD作品が入荷され、話題作以外、特に劇場公開されなかった作品は、そのまま誰の目にも触れないまま棚の隅に追いやられ、最後には廃棄。またはレンタル落ちとしてワゴンセールされてしまうのが現状である。しかし、そんな中にも、“面白い”作品は数多くある。

本書では、そんな劇場未公開作品を映画監督にして脚本家、そしてスクリプトドクターとしても活躍中の三宅隆太がアカデミックかつユーモラスに徹底紹介。レンタルショップで埋もれてしまうにはあまりにももったいない掘り出しものの、どこが、なぜ良いのかをB級作品から文芸作品まで取り上げ、愉しみ方を伝授する。 

スクリプトドクターとは、日本には数名しかいないと言われている“脚本のお医者さん”で、脚本の完成度を高める役割を持つ。本書はそんなスクリプトドクターの一人である三宅による初の映画コラムである。

※本書はよみもの.com( http://43mono.com/ )にて連載した内容に加筆、 修正を加えたものである。

書籍情報
『これ、 なんで劇場公開しなかったんですか?』
 
『これ、 なんで劇場公開しなかったんですか?』

『これ、 なんで劇場公開しなかったんですか?』


著 者:三宅隆太
仕 様:四六判、 320ページ
定 価:1500円+税
配本日:2017年3月7日(水)
ISBN:978-4-416-51722-2

【書籍に関するお問い合わせ先】 
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
シェア / 保存先を選択