声優・上坂すみれが『日本文化デー』に声優として初出演 本人のコメントが到着

ニュース
2017.3.14

画像を全て表示(6件)

声優・上坂すみれが2017年3月12日(日)にサハリンで行われたイベント『日本文化デー』に出演した。

『日本文化デー』は在ユジノサハリンスク日本国総領事館が主催する、日本の伝統文化と現代文化を多面的に紹介する大型文化行事だ。過去3回行われ今年で4回目を迎える。過去には、在留邦人による茶道、ロシア人武道家による武道デモンストレーション、尺八演奏などが行われたが、声優として出演するのは今回の上坂が初となった。

上坂は、大学でロシア語科を専攻していた。当日は会場にに集まった2,000人の観客を前に、流ちょうなロシア語で、自己紹介とサハリンの印象などを語った。また、上坂自身が声優を務めるアニメの作品で、実際にその会場でアテレコを披露。日本の文化でもあるアニメの魅力や声優の仕事についてアピールした。最後に「こんなに素敵な日本を知っていただけるイベントがあるなんてとてもうれしく思っています。」と締めくくった。

また、13日(月)には現地サハリンのコスプレの団体と上坂すみれが交流を図り、コスプレの魅力や、日本のアニメや現地で流行っているものなどについて語り合った。

本イベントについて上坂からコメントが到着した。

上坂すみれ コメント
初めてのサハリン訪問でしたが、現地の方々もあたたかく迎えてくださり、楽しいイベントとなりました!アニメや声優といった日本の今の文化の魅力が少しでもサハリンの方々に伝えることができていたらと思います。
シェア / 保存先を選択