第42回菊田一夫演劇賞「大賞」に麻実れいさん、「演劇賞」に中川晃教さん・小池徹平さん・新橋耐子さん・藤田俊太郎さん

SPICER
麻実れい (撮影:坂野則幸) SPICE「8月の家族たち」インタビューより

麻実れい (撮影:坂野則幸) SPICE「8月の家族たち」インタビューより


第42回菊田一夫演劇賞が発表された。「菊田一夫演劇大賞」には麻実れいさんが決定した(『8月の家族たち August:Osage County』のバイオレット、『炎 アンサンディ』のナワルの役の演技に対して)。

また、「菊田一夫演劇賞」は四人。中川晃教さん(『ジャージー・ボーイズ』のフランキー・ヴァリの役の演技に対して)。小池徹平さん(『1789~バスティーユの恋人たち~』のロナン、『キンキーブーツ』のチャーリー・プライスの役の演技に対して)。新橋耐子さん(『食いしん坊万歳!~正岡子規青春狂詩曲~』の八重約の演技に対して)。藤田俊太郎さん(『ジャージー・ボーイズ』『手紙2017』の演出の成果に対して)。

さらに、「菊田一夫演劇賞特別賞」には勝柴次朗さんが選ばれた(永年の舞台照明デザインにおける功績に対して)。

菊田一夫演劇賞とは、東宝演劇部に所属した劇作家菊田一夫の功績を記念し、演劇界の発展のため、東宝が1975年に創設した日本の演劇賞。2008年からは映画演劇文化協会が主催を行っている。今回は2016年4月1日から2017年3月31日まで東京で上演された演劇作品から、「菊田一夫演劇賞選考委員会」により選考が行われた。今回の選考委員会は、松岡功(委員長)、水落潔、天野道映、矢野誠一、近藤瑞男、萩尾瞳、一般社団法人映画演劇文化協会によって構成されている。授賞式は、4月28日に東京・如水会館にて行われる。

シェア / 保存先を選択