ダルデンヌ兄弟の特集上映『ダルデンヌ映画の女性たち』 2人の記録映画も

特集上映『「午後8時の訪問者」公開記念 ダルデンヌ映画の女性たち』が、4月3日から3日間にわたって東京・飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京で開催される。

1999年の『ロゼッタ』と2005年の『ある子供』で『カンヌ国際映画祭』パルムドールを2度獲得しているジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督。『第69回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門に出品されたアデル・エネル主演の新作『午後8時の訪問者』が4月8日から公開される。

同作の公開を記念して行なわれる『「午後8時の訪問者』公開記念 ダルデンヌ映画の女性たち』。アリス・ファルジエ監督の『壁と水 Le Mur et L' Eau』と、リュック・ジャボン、アラン・マルコアン監督による『理性の時代-ダルデンヌ兄弟の映画- L'AGE DE RAISON - LE CINEMA DES FRERES DARDENNE』のダルデンヌ兄弟に迫ったドキュメンタリー映画2本が日本初公開される。

さらに2人の監督作から女性を主人公にした『ロゼッタ』『ロルナの祈り』『少年と自転車』、エネルが出演したセリーヌ・シアマ監督の『水の中のつぼみ』、カテル・キレヴェレ監督の『スザンヌ』を含む計7本が上映作品にラインナップしている。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択