作者不明のフィギュアに着想 英作家ラッセル・モーリスの個展『Crying Dog』

ニュース
2017.4.10

ラッセル・モーリスの個展『Crying Dog』が、4月14日から東京・原宿のGALLERY TARGETで開催される。

1975年にイギリス・ニューキャッスルに生まれたラッセル・モーリス。ロンドンと東京を拠点に、アート作品の制作やグラフィックデザインのほか、自身のファッションブランド「GASIUS」も手掛けている。

同展では「Crying Dog」と呼ばれる、1970年代から1980年代にかけて制作された作者不明のセラミックフィギュアに着想を得た作品を展示。彫刻、ペインティング、アニメーション、セル画、ホログラフ、ライトボックスといった様々な手法や素材を用いて、現代版の「Crying Dog」を作り上げるという。会場では、メディコム・トイによるセラミック製Crying Dogの先行発表も行なわれる。なお同展はモーリスにとって日本で初めての個展となる。

開催前日の4月13日にはオープニングレセプションを開催。詳細はGALLERY TARGETのオフィシャルサイトをチェックしよう。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択