ぼくのりりっくのぼうよみがアネッサCMソング先行配信、大人の色気漂うビジュアル公開

ぼくのりりっくのぼうよみ

ぼくのりりっくのぼうよみ

ぼくのりりっくのぼうよみの新曲「SKY's the limit」の先行配信が、本日4月26日にiTunes StoreやApple Musicなどでスタートした。

この曲は5月24日に発売されるシングル「SKY's the limit / つきとさなぎ」の表題曲の1つで、資生堂「アネッサ」のCMソングとして書き下ろされたもの。「インターネットを生きる人びとに向けて書いた曲」と本人が語る、明るく突き抜けたポップチューンだ。

配信の開始に合わせて新しいアーティスト写真も公開された。撮影を担当したのは、ぼくのりりっくのぼうよみのデビュー時のアーティスト写真も撮っている神藤剛。CMソングの明るくさわやかなイメージとは対照的な、大人の色気が漂う写真に仕上がっている。

ぼくのりりっくのぼうよみ コメント

アネッサのテーマソングを担当させていただくということで、色んな機会で太陽に触れるたびに思い出せるような楽曲をつくりました!

今までにない雰囲気の突き抜けた明るい曲ですが、ツールとしてではなく、実感を伴う世界として、インターネットを生きる人びとに向けて書いた曲です。Instagramでキラキラした世界を投稿することで、輝いている自分を表現する人。Twitter上で、SNOWで加工した”盛れてる”写真を自身のアイコンとして使用する人。そういった行為を否定、批判する言説が飛び交う世界ですが、ぼくは、現在の自分からなりたい自分に変化しようとすることは、とても美しいと思います。

ややもすればセルアウトと受け取られかねないこの曲で、こういったメッセージを発信することに意味があると思います。美しくあろうとすることが、何より美しい。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択