巨人、『オリジナル浴衣付きチケット』を発売 7月30日(日)のDeNA戦で

ニュース
イベント/レジャー
2017.5.4

読売巨人軍は、7月30日(日)に東京ドームで行われるDeNA戦にて、オリジナルの浴衣・帯付きチケットを販売する。

2回目の開催となる今年のデザインは、女優・水谷八重子の監修によるもの。花火のイメージにYGマークをあしらった夏らしいデザインとなっている。当日は、浴衣の着付けサービス(※先着順、当日整理券を配布)もおこなわれるとのこと。オリジナルの浴衣を着用して、夏ならではの野球観戦を楽しんでみてはいかがだろうか。

公演情報
読売ジャイアンツ主催試合 浴衣・帯付きチケット

セット内容:オリジナル柄の浴衣+帯(帯はエンジと白のリバーシブル)のセットでお渡しします。
サイズは、男性用(Lサイズ)、女性用(フリーサイズ)、子ども用(120cm)からお選びいただけます。

日時:7月30日(日) DeNA戦
会場:東京ドーム (東京都)

指定席A(浴衣付きシート)10,900円
指定席B(浴衣付きシート)9,500円
指定席C(浴衣付きシート)7,900円

 
プロフィール
水谷八重子

父は14代目守田勘弥、母は初代 水谷八重子。
1955年、16歳で新派・歌舞伎座で初舞台。同月、ビクターレコードからジャズ歌手としてデビュー。
文化庁芸術選奨最優秀賞(1973年)、菊田一夫演劇賞(1978年)、1993年には「新派の伝統を支える代表的な女優」として東京都都民文化栄誉章を受章。1995年、2代目水谷八重子を襲名:新派の大黒柱としての役目も担う。2001年、紫綬褒章を受章。2009年、旭日小綬章を受章。
シェア / 保存先を選択