『エイリアン:コヴェナント』公開日が決定 最新予告で“楽園”のような惑星やエイリアンの姿が明らかに

ニュース
動画
2017.4.28
 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

『エイリアン』の原点を描く映画『エイリアン:コヴェナント』の日本公開が9月15日に決定し、予告編が解禁された。

『エイリアン:コヴェナント』は1979年の『エイリアン』のリドリー・スコット監督が38年の時を経てメガホンをとるSF映画。『プロメテウス』に続いてシリーズの原点を描く作品。同作では滅び行く地球から脱出した宇宙船コヴェナント号の乗組員たちが、人類移住計画を託されて発見した惑星で、想像を超える脅威に遭遇する姿を描く。

 

 

公開された予告編では、乗組員がカップルで構成されたコヴェナント号が、ある惑星に到着するところからスタート。一見するとエイリアンらしき生命体や、シリーズでおなじみの顔面に張り付いくクリーチャー・フェイスハガーの姿も。これまでのシリーズで、様々な形態が存在することがわかっているエイリアンだが、原点となる作品ではどのような姿で登場するのか気になるところだ。また、女性主人公ダニエルズの「新しい生命の誕生よ」というセリフは一体なにを意味するのか。

リドリー・スコット監督は「怖いモンスターをつくることは難しい。一番難しいことは、人を心底怖がらせることだと思っている」と意味深なコメントを残しており、『プロメテウス』に続いてアンドロイドを演じるマイケル・ファスベンダーは「『エイリアン』を思い出させるシーンもあるが、舞台が船の中だったのに対し、本作は船の中だけじゃないんだ」とこれまでと異なる同作のテイストについて語っている。

映画『エイリアン:コヴェナント』は9月15日(金) 全国公開。

作品情報
映画『エイリアン:コヴェナント』
監督:リドリー・スコット  
出演:マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
シェア / 保存先を選択