古田新太が‟壁”になって若きヒーローたちを見守る!映画『パワーレンジャー』日本語吹替え版声優に決定

SPICER
  (c)2016 Lionsgate TM&(c) Toei & SCG P.R. 

(c)2016 Lionsgate TM&(c) Toei & SCG P.R. 

7月15日公開の映画『パワーレンジャー』で、古田新太山里亮太(南海キャンディーズ)が日本語吹替え版声優をつとめることがわかった。

『パワーレンジャー』(Power Rangers) はアメリカ合衆国のテレビドラマシリーズ。日本の特撮番組『スーパー戦隊シリーズ』の英語版ローカライズ作品として、北米で最も成功した日本製コンテンツだ。1993年から現在までにシリーズは累計800話を突破し、世界160ヶ国以上で放送されてきた。また、現在日本で『牙狼<GARO>』シリーズを手がける横山誠監督や、『仮面ライダーエグゼイド』などの坂本浩一監督がシリーズの多くに監督・アクション監督として参加していたことでも知られている。今回の映画化では、総製作費120億円という破格の予算をかけて製作されている。

 

日本語吹替え版キャストとしては、これまでにレッドレンジャー(ジェイソン)役で勝地涼、ピンクレンジャー(キンバリー)役で広瀬アリスが声の出演を果たすことが発表されていた。新たに決定した古田が演じるゾードンは、6,500万年前、地球滅亡の危機を救った戦士・パワーレンジャーの生き残りで、元レッドレンジャー。最後の戦いで肉体を消滅させてしまうが、魂だけが救われた壁の中の人物。宿敵リタの侵攻から地球を守るため、パワーコインに選ばれた高校生5人の戦士たちに“パワーレンジャー”になる使命を与える、若きヒーローたちを文字通り壁になって見守る重要なキャラクターだ。古田はレッドレンジャー役の勝地涼とも幾度も共演経験があり、これから行われるアフレコでも息が合いそうだ。

一方、山里が演じるのは、おしゃべりなロボット・アルファ5。アルファ5は、6,500万年もの間、地球の地下で新たな戦士・パワーレンジャーが現れることを待ち続けてきた機械生命体で、ゾードンの指示のもとパワーレンジャーをサポートし、訓練するキャラクターだ。なお、山里は映画『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』に闇博士マーブロ役で出演するなど、スーパー戦隊にも縁が深い。

声の出演が決定した古田、山里のコメントは以下のとおり。

ゾードン役・古田新太

今回、元レッドレンジャーで今は魂だけになった壁の中の人物“ゾードン”というキャラクターの声優をさせていただくことになりました。最近、声優をやると必ず“ボスキャラ”です。レンジャー、やりたかったな。ファンの方に違和感を持たれないようガンバリマス。

アルファ5役・山里亮太(南海キャンディーズ)

今回、「パワーレンジャー」の声優オファーがきたときは、まさかレッド!?とドキドキしたのは内緒の話です…。ただ、アルファ5も5人には絶対必要な仲間ですし、5人に突っ込んでもらったり突っ込んだりできると思うと今から楽しみで仕方ないです!
男子はみんな戦隊ヒーローに育ててもらっています!その日本のヒーローに世界が影響を受けたというのがめちゃくちゃ嬉しかったという気持ちがあります!世界中にファンの方がいるこの作品に関われるだけで幸せです!そして、そのファンの人たちを裏切らないように全身全霊でのぞませていただきます!最高の作品に少しでも役に立てるよう頑張ります!

映画『パワーレンジャー』は7月15日(土) 全国公開。

作品情報
映画『パワーレンジャー』

監督:ディーン・イズラライト
脚本:ジョン・ゲイティンズ(『フライト』『キングコング: 髑髏島の巨神』『リアル・スティール』)、アシュリー・ミラー
製作総指揮:アリソン・シェアマー(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ』『ハンガーゲーム』『シンデレラ』)、ブレント・オコナー(『グッド・ウィル・ハンティング』、『ジュマンジ』)
キャスト:デイカー・モンゴメリー/RJ・サイラー/ナオミ・スコット/ベッキー・G/ルディ・リン/ビル・ヘイダー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)/ブライアン・クランストン(『GODZILLA』『トータル・リコール』)、エリザベス・バンクス(『スパイダーマン』、『ピッチ・パーフェクト』シリーズ)

【ストーリー】遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。 小さな町、エンジェル・グローブに、普通に暮らす5人の若者がいた。ありふれた日々を過ごす彼ら。しかし、運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう”新たな力”を手にする。その力は、なぜ彼らに与えられたのか?いま、物語は再び動き出す。 

公式サイト:http://www.POWER-RANGERS.jp

 (c)2016 Lionsgate TM&(c) Toei & SCG P.R. 
シェア / 保存先を選択