夜の京都40会場が舞台、パリ発のアート祭『ニュイ・ブランシュ』

京都市内の40会場が舞台となる無料アートイベント『ニュイ・ブランシュKYOTO 2015』が、10月3日に開催される。

同イベントは、フランス・パリで毎秋開催されている一夜限りのアートイベント『ニュイ・ブランシュ』を、パリの姉妹都市である京都市内の複数会場を舞台に行うもの。日本とフランスのアーティストによる展示や、ダンスやライブをはじめとするパフォーマンスなどが展開される。なお、イベント名の「ニュイ・ブランシュ」はフランス語で「白夜」を意味している。

「ファッション」をテーマに掲げる今年は、高木正勝らが京都国際マンガミュージアムの壁面にプロジェクションマッピングを行う上映イベントをはじめ、ANDREA CREWS×N.O.B a.k.a. COCOSPIN×metomeのファッションパフォーマンス、森山開次のダンスや大巻伸嗣の展示など多彩なプログラムを予定している。全プログラムはオフィシャルサイトで確認しよう。

 

イベント情報

『ニュイ・ブランシュKYOTO 2015』

2015年10月3日(土)18:00~
会場:京都府 京都国際マンガミュージアム、アンスティチュ・フランセ関西、京都芸術センター、ヴィラ九条山、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 、地下鉄山科駅前 音の広場、白沙村荘 橋本関雪記念館、有斐斎 弘道館、安楽寺、スフェラ、清課堂ギャラリー、京都造形芸術大学 ARTZONE、千總ギャラリー、The Terminal KYOTO、Gallery C.A.J、UrBANGUILD、下鴨神社、上賀茂神社、KYOTO ART HOSTEL kumagusuku、クリス・モズデルのアートハウス、D-labアネックス、聖ヴィアトール北白川カトリック教会、知恩院三門、DECO Japan、東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)、MEDIA SHOP Gallery、YOKAI SOHO上京区、京都伝統工芸館、京都メトロ、eN arts(エンアーツ)、ギャラリーギャラリー、ギャラリー16、Gallery PARC、MORI YU GALLERY、KUNST ARZT、imura art gallery、同時代ギャラリー
料金:無料

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択