アピチャッポン作品のオールナイト上映 『ブンミおじさん』『光りの墓』も

ニュース
2017.5.6
 ©Kick the Machine Films

©Kick the Machine Films

オールナイト上映企画『世界の映画作家Vol. 185 幽玄の詩 アピチャッポン・ウィーラセタクン』が、5月20日に東京・池袋の新文芸坐で開催される。

新文芸坐のオールナイトシリーズ『世界の映画作家』。今回はタイ出身の映画監督で美術家のアピチャッポン・ウィーラセタクンによる3作品を上映する。

ラインナップには、2つの病院を舞台にした2006年の作品『世紀の光』、死を前にした男性・ブンミとその家族たちの姿を映し、『第63回カンヌ国際映画祭』パルムドールに輝いた『ブンミおじさんの森』、原因不明の「眠り病」に罹った人々と、その看護をする女性たちの姿を描いた『光りの墓』が並ぶ。チケットは販売中。詳細は新文芸坐のオフィシャルサイトをチェックしよう。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択