ガイナックス主催による、寺田克也の個展を福島で開催

ニュース
2015.9.9

画像を全て表示(3件)

寺田克也の10年+2年を総決算

福島ガイナックスは、2015年10月31日(土)~1月31日(日)の期間、「空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎」にて、漫画家・イラストレーター寺田克也の個展『寺田克也ココ12年展 ~絵を描いて生きていく方法?~』を開催することを発表した。

『探偵 神宮寺三郎』シリーズ、『バーチャファイター2』、『Busin』シリーズなどのゲーム作品のキャラクターデザインを始め、アニメ『BLOOD THE LAST VAMPIRE』のキャラクターデザインや、数々の書籍・コミックを手掛ける絵師、寺田克也の大規模個展である今個展、
2013年に京都漫画ミュージアムで「ココ10年展」として開催され大好評を博し、2年の時を得て福島ガイナックス主催のもと東日本で初開催となる今回。
 

▲ココ10年展(京都)での様子

▲ココ10年展(京都)での様子


寺田氏の2000年代の作品を中心に、大判で出力したイラストを襖に貼りこみ、屏風のように演出した京都での展示もそのままに、さらに新作も加えた展示内容を実現。また、サブタイトルにもなっている~絵を描いて生きていく方法?~と同名の寺田氏の新刊書籍も同時期に発売が決定し、書籍とも連動した、寺田克也がプロの作家としてどのように絵に取り組んでいたのかを目の当たりにできる展示も用意される予定。
ココ10年展の2年後の開催となるため、ココ12年展というタイトルとなった今回、天才寺田克也の二年分の止まらない成長と新作も堪能できる楽しみな内容となりそうだ。
展示詳細や会期中のイベントについては、2015年10月に追って発表予定。

また、
展覧会の開催に合わせ、書籍『絵を描いて生きていく方法?』も同時発売を発表。

 


パイ インターナショナル公式サイトでの大好評WEB連載が、加筆され書籍化される。
フリーランスのイラストレーターとして30年間過ごしてきた寺田克也が、どう考え、どう描き、生きてきたのかを語り尽くす1冊、
絵が上手くなるための方法を豊富なイラストとともに贈るイラストレーター志望、寺田克也ファンにはマストバイの一冊になりそうだ。
(WEB連載URL:http://pie.co.jp/cc/terada/t_m.html


 

イベント情報
寺田克也ココ12年展 ~絵を描いて生きていく方法?~

会期:2015年10月31日(土)~2016年1月31日(日)
場所:空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎(福島ガイナックス内施設)
  (福島県田村郡三春町大字鷹巣字瀬山213 番地)
主催:ガイナックス(福島ガイナックス)
協力:パイ インターナショナル
展示監修:伊藤ガビン(ボストーク株式会社)
会場設計:有元利彦(HIGURE 17-15 cas contemporary arts studio)
宣伝美術:大岡寛典事務所
 
シェア / 保存先を選択