『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』鑑賞体験者たち(アダム・クーパー 上野水香 朝海ひかる 安蘭けい 有村昆 笹本玲奈 May’n)からコメント

コラム
舞台
2017.5.17

画像を全て表示(8件)

2017年7月から4ヶ月にわたりTBS赤坂ACTシアターと大阪・梅田芸術劇場で延べ17万人を動員するミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』。本作品は2000年公開の名作映画をミュージカル化し、2005年5月にロンドン・ウエストエンドで開幕して以来、全世界で80以上の主要演劇賞を獲得している大ヒット作だ。

本作が日本で上演されることは初めてであり、主役ビリーには長期オーディションを経て、加藤航世くん 木村咲哉くん 前田晴翔くん 未来和樹くんの少年4人が選ばれた。また、お父さん役に吉田鋼太郎、益岡徹(Wキャスト)、ウィルキンソン先生役に柚希礼音、島田歌穂(Wキャスト)、おばあさん役に久野綾希子、根岸季衣(Wキャスト)、ビリーの兄トニー役に藤岡正明 中河内雅貴(Wキャスト)、ビリーのボクシングの先生役に小林正寛、大人になったビリー役に栗山廉(Kバレエ カンパニー)、大貫勇輔(Wキャスト)らが配役されている。

7月に上演を控える本公演へ、著名人たちから応援のメッセージが届いた。
 

アダム・クーパー(ダンサー)「振付は秀逸!」

アダム・クーパー

アダム・クーパー

ビリー・エリオットは、子供が自分のやりたことを見つけ、夢に向かって成長していくという、世界中に通じる普遍的な物語なので、日本の観客の皆さんもきっと楽しめると思います。音楽も素晴らしいし、振付も秀逸! 日本には、レベルの高いダンサーがたくさんいるので、このような作品が日本で上演されることを、とても嬉しく思います。
非常に高いダンス技術を持った子供が主役のミュージカルは珍しいので、普段ミュージカルを観ない人にも是非、劇場に足を運んで欲しいです。
 

上野水香(東京バレエ団)「待ちにまった日本版の上演!!」

上野水香

上野水香

主役のビリー・エリオットは、子役でありながら卓越した身体能力や集中力、カリスマ性が求められる大変な役割! みなさん頑張ってくださいね。そして彼の舞踊人生を愛情で包み支えるキャスト達がそれぞれ素晴らしいキャラクターで……。待ちにまった日本版の上演、拝見するのが本当に楽しみです!
 

朝海ひかる(女優)「来世で『ビリー』のオーディションを受けたい!」

朝海ひかる

朝海ひかる

観た方誰もが生きる力を感じられる、そんな作品だと思います! そしてビリーを支える温かい人間愛! 家族愛! あの時代のイギリスの民衆の想いも同時に感じられる作品です。この社会の環境の中では、この時代男の子のバレエダンサーは好奇の眼差しで見られる。でもそれをはね除ける程の強い気持ち、やり抜く頑固さ。ビリーから学ぶ事が沢山ありました。そんな彼のソロダンスに心が震えます!
私は来世イギリス北部出身の男の子に生まれ、『ビリー』のオーディションを受けたいぃ!
 

安蘭けい(女優)「いたんだ! 日本にも、凄い少年が!」

安蘭けい

安蘭けい

ニューヨークに行った時、どうにかチケットをゲットして二階の端の方で観た時のあの感動は今でも忘れられない。
映画『リトルダンサー』もDVDを購入した程大好きだったので、思い入れもひと際大きかったけど、私の想像を遥かに超える素晴らしい舞台だった。
少年のスキルの高さといったら凄い! あんなになんでも出来る少年、日本にいるかな? いや、いないな、これは日本での上演は無理だな、なんて思っていた自分が恥ずかしい! いたんだ! 日本にも、凄い少年が! 心から嬉しい。
日本版『ビリー・エリオット』大いに期待してやまない!
 

有村昆(映画コメンテーター)「日本人キャストで楽しめるなんて最高だ!!」

有村昆

有村昆

今映画界は、アカデミー賞を受賞した『ムーンライト』に代表されるように、貧困問題、育児放棄、LGBT差別など、1つの困難ではなく、いくつかの困難を乗り越える作品が注目されています。それをいち早く10年以上前に、ミュージカルとして発表しているスティーブン・ダルドリーはやはり凄い。また音楽がエルトン・ジョンとのタッグも見逃せない。ちなみに2人ともバイセクシャルやゲイを公表しています。
さらに演出面でも、バレエの練習をしているシーンと、炭鉱夫たちのストライキのシーンを同じ時間軸で舞台上で同時に見せるなど必見です。さらに、ビリーが舞台で出ずっぱりで魅せる芝居とダンスと歌。全てが日本人キャストで日本語で楽しめるなんて、なんて最高だ!!
 

笹本玲奈(女優)「大人たちの大きな癒しとエネルギーになる事間違い無し」

笹本玲奈

笹本玲奈

3年前、初めてロンドンで観ました。作品に対して何の知識もなく、また英語での上演でしたので細かな会話はほとんど分からず仕舞いでしたが、気付けば涙がとめどなく流れ、終演後は興奮と感動でなかなか席を立てなかったほどです。
それはきっと、音楽の力、出演者の熱い芝居、そして何よりビリー役の少年の魂の歌声と、「そこまでやるの!?」と度肝を抜かれるダンスに心を鷲掴みにされたからでしょう。彼らの小さな体から沸き起こる大きなパワーは、今を生きる大人たちの大きな癒しとエネルギーになる事間違い無しです。
 

May’n(歌手)「ステージでの想いもビリーが言葉にしてくれた」

May'n

May'n

”自分を忘れるほどに、自由になる” 言葉にならないわたしのステージでの想いもビリーが言葉にしてくれました。

 

公演情報
ダイワハウスpresents  ミュージカル 『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』
 
<プレビュー公演>
■公演期間:2017年7月19日(水)~7月23日(日)
■会場:TBS赤坂ACTシアター
■料金(全席指定、消費税込):S席12,500円、A席8,500円
 
<東京公演>
■公演期間:2017年7月25日(火)~10月1日(日) 全100回予定(プレビュー公演含む)
■会場:TBS赤坂ACTシアター
料金(全席指定、消費税込):S席13,500円、A席9,500円
 
<大阪公演>
■公演期間:2017年10月15日(日)~11月4日(土) 全26回予定
■会場:梅田芸術劇場 メインホール
■料金(全席指定、消費税込):S席13,500円、A席9,500円、B席5,500円
 
<チケットの問い合わせ>
ホリプロチケットセンター   03-3490-4949(平日10am~6pm/土10am~1pm/日祝・休)
 
<キャスト>
加藤航世 木村咲哉 前田晴翔 未来和樹/吉田鋼太郎 益岡徹/柚希礼音 島田歌穂
久野綾希子 根岸季衣/藤岡正明 中河内雅貴/小林正寛/栗山廉(Kバレエ カンパニー) 大貫勇輔
 
森山大輔 家塚敦子 大塚たかし 加賀谷真聡 北村 毅 佐々木誠 高橋卓士 辰巳智秋 橋本好弘 羽鳥翔太
原慎一郎 丸山泰右 横沢健司 木村晶子 小島亜莉沙 竹内晶美 三木麻衣子 秋山綾香 井上花菜 出口稚子
 
古賀 瑠 城野立樹 持田唯颯 山口れん 香好 佐々木琴花 夏川あさひ
遠藤美緒 大久保妃織 小野梓 久保井まい子 佐々木佳音 高畠美野 近貞月乃 並木月渚 新里藍那 堀越友里愛
小溝 凪 笹川幹太 山城 力 岡野凜音 菊井凜人 桜井 宙
 
<ロンドンオリジナルスタッフ>
■脚本・歌詞:リー・ホール
■演出:スティーヴン・ダルドリー
■音楽:エルトン・ジョン
■振付:ピーター・ダーリング
■美術:イアン・マックニール
■演出助手:ジュリアン・ウェバー
■衣裳:ニッキー・ジリブランド
■照明:リック・フィッシャー
■音響:ポール・アルディッティ
■オーケストレーション:マーティン・コック
 
<日本公演スタッフ>
翻訳:常田景子
訳詞:高橋亜子
演出補:甲斐マサヒロ
振付補:前田清実
音楽監督補:鎮守めぐみ
歌唱指導:山川高風
照明補:大島祐夫
音響補:山本浩ー
衣裳補:阿部朱美
ヘアメイク:studio AD
擬闘:栗原直樹
演出助手:西祐子、伴・眞里子
舞台監督:徳永泰子
技術監督:小林清隆
プロダクション・マネージャー:金井勇一郎
 
<コーチ協力>
バレエコーチ:K-BALLET SCHOOL
タップコーチ:Higuchi Dance Studio
アクロバットコーチ:コナミスポーツクラブ
 
■主催:TBS / ホリプロ/ 梅田芸術劇場 /WOWOW
■Billy Elliot the Musical worldwide is produced worldwide by Universal Stage Productions, Working Title Films and Old Vic Productions and is based on the Universal Pictures/Studio Canal film.
■特別協賛:大和ハウス工業株式会社
■協賛:イープラス こだま印刷 ジェイワールドトラベル
 
■日本公演公式サイト:http://www.billyjapan.com/
■日本公演公式ツイッター https://twitter.com/Billy_Japan
■日本公演公式フェイスブック https://www.facebook.com/BillyJapan

 

 

シェア / 保存先を選択