実写映画『東京喰種 トーキョーグール』に超特急・カイこと小笠原海が出演へ カネキの親友・ヒデ役で登場

SPICER
小笠原海演じるヒデ(左)と窪田正孝演じるカネキ(右) (C)2017「東京喰種」製作委員会

小笠原海演じるヒデ(左)と窪田正孝演じるカネキ(右) (C)2017「東京喰種」製作委員会

7月29日公開の映画『東京喰種 トーキョーグール』に、超特急のメンバー“カイ”こと小笠原海が出演していることがわかった。

石田スイ原作『東京喰種 トーキョーグール』は、現代の東京を舞台に人肉を喰らうことで生きる人の姿をした“喰種”(グール)の物語を描いたコミック。週刊ヤングジャンプ(集英社)で2011年から連載が始まり、2014年からは『東京喰種トーキョーグール:re』(トーキョーグール アールイー)として連載中。コミックスは累計1,800万部を超え、2014年にはアニメ化、2015年からは舞台・ゲーム化されるなど、様々なメディアで人気を博す作品となった。『東京喰種』はその初の実写映画化作となる。


小笠原が演じるのは、窪田正孝演じる金木研(カネキ)の唯一の親友・永近英良(ヒデ)。ヒデはカネキの幼馴染で、同じ大学に通う人物。勘がよく、カネキとは正反対の活発な性格で、幅広い友好関係をもつ、原作でも人気のキャラクターだ。劇中で、ヒデは喰種になったカネキの秘密を知らず、カネキの身体を気遣って側に寄り添うという。カネキとヒデのようすをおさめた劇中写真も公開されている。

出演発表を受けた小笠原のコメントは以下のとおり。

 

小笠原海 永近英良(ヒデ)役

僕自身、東京喰種のファンなので今回のお話を心から光栄に思います。
「喰種」と「人間」の2つの世界で彷徨う親友・カネキが、「人間」としての心を保つための存在でありたい。何があってもカネキの味方でありたい。という気持ちで演じさせていただきました。
たくさんの思いのこもったこの作品を1人でも多くの方に観ていただければと思います。
 

映画『東京喰種 トーキョーグール』 は7月29日全国公開。

作品情報
映画『東京喰種 トーキョーグール』
 
 

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「週刊ヤングジャンプ」連載
出演:窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 大泉洋
監督:萩原健太郎
脚本:楠野一郎
配給:松竹
公式サイト:tokyoghoul.jp
(C)2017「東京喰種」製作委員会
シェア / 保存先を選択