安住の地、旗揚げ公演「渓谷メトロポリス化計画」不老不死の是非を問う

ニュース
舞台
2017.5.29
安住の地 第1回公演「渓谷メトロポリス化計画」チラシ表

安住の地 第1回公演「渓谷メトロポリス化計画」チラシ表

安住の地「渓谷メトロポリス化計画」が、6月30日から7月2日まで京都・アトリエ劇研で上演される。

安住の地は、中村彩乃、岡本昌也らにより、2016年7月に結成された、京都を拠点とする劇団。旗揚げ作品となる本作では、宇宙から飛来した小型飛行物体が放つ光線の影響で、動物や人類が不老不死となっていく世界が描かれる。人類は悠久の命の是非を巡り、対立構造を強いられ……。

本公演に先立ち、5月30日には京都・UrBANGUILDでワークインプログレス公演「生成」が行われ、会場では「渓谷メトロポリス化計画」のチケットが特別価格で販売される。

安住の地 第1回公演「渓谷メトロポリス化計画」

2017年6月30日(金)~7月2日(日)
京都府 アトリエ劇研

脚本・演出:岡本昌也
出演:中村彩乃、森山やすたか、大崎じゅん、私道かぴ、市毛達也

「渓谷メトロポリス化計画」ワークインプログレス公演「生成」

2017年5月30日(木)20:00~
京都府 UrBANGUILD

出演:安住の地 feat.西村あかり(ドラム)&日下七海(中国琵琶)

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択