『猿の惑星』最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が10月に日本公開へ イケ猿・シーザーと謎の少女のビジュアルも解禁

SPICER
映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』 (C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』 (C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が10月に日本で公開されることが決定した。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は、高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、そして猿と人類の戦争を描いたSFシリーズ『猿の惑星』の最新作。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』に続く第3作だ。『聖戦記(グレート・ウォー)』と題された同作では、前2作で繰り広げられてきた地球の支配者をめぐる激動の物語がクライマックスを迎えるという。

公開されたポスタービジュアルでは、カリスマ的な主人公の猿・シーザー(アンディー・サーキス)の姿だけでなく、謎めいた少女・ノバも描かれている。さらには、「そして、猿の惑星になる。」という、キャッチコピーも。果たして二人の関係は? そして、“聖戦”とは何を指すのか。

シリーズを通してシーザーを演じ続けるアンディ・サーキスは、「このシリーズの素晴らしい点は、人間と猿のストーリーを適切なバランスで見せていることだ。シーザーは明らかに多くの意味で両方の世界に関係している」と、人間への敬意と自分たちの種に対する思いの間で葛藤してきたシーザーについて改めて振り返る。また、前作に引き続きメガホンをとったマット・リーヴス監督は「本作のスケールは、シリーズのどの映画よりも大きいが、一方で中心となる核はそのまま維持している。つまり、シーザーと猿たちに関係する感動のストーリーということだ」と明かしている。

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は10月全国ロードショー。

作品情報
映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
監督:マット・リーヴス
出演:アンディ・サーキス、ジュディ・グリア、ウディ・ハレルソン
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
シェア / 保存先を選択