死体のD・ラドクリフに乗って海を滑走、『スイス・アーミー・マン』特報

 ©2016 Ironworks Productions, LLC.

©2016 Ironworks Productions, LLC.

映画『スイス・アーミー・マン』の特報が公開された。

『スイス・アーミー・マン』は、無人島に取り残された青年・ハンクが、海岸で発見した男の死体を「友人」にしながら、共に帰還を試みるというサバイバル映画。ハンク役をポール・ダノ、マニーと名付けられる死体役をダニエル・ラドクリフが演じる。

公開された特報は、助けが来ないことに絶望し自ら命を絶とうとしたハンクが漂着している死体を発見し、大量のガスを発していることに気がついて、死体にまたがってガスを動力源に海面を滑走するという内容。あわせて公開されたティザービジュアルでも、ハンクが死体を使ってジェットスキーのように無人島を脱出するシーンがモチーフとなっている。

『スイス・アーミー・マン』は9月から東京・有楽町のTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。監督・脚本のDANIELSことダニエル・シャイナートとダニエル・クワンは同作で長編映画デビューを果たし、2016年の『サンダンス映画祭』では監督賞を受賞している。

 

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択