藤原竜也が伊藤英明の”熱さゆえの苦悩”を明かす 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』インタビュー映像

SPICER
 (C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

画像を全て表示(3件)

6月10日公開の映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』から、主演の藤原竜也が作品の裏側を語るインタビュー映像が公開された。

『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、藤原竜也伊藤英明が初共演を果たしたサスペンスエンターテインメント大作。22年前に起きた連続殺人の犯人が時効を迎えてから姿を現し、事件の真相を綴った告白本を出版。挑発的な発言や行動でメディアの注目を集めて一大ブームを巻き起こしていく姿を描く。美貌の連続殺人犯・曾根崎を藤原が、曾根崎を追い続ける刑事・牧村を伊藤が演じている。

 

公開されたインタビュー映像は、同作のメイキングとともに藤原が撮影を振り返るもの。藤原は、過去の殺人を告白することで日本中を熱狂させる曾根崎という役どころについて「一人の殺人犯、法を犯す人誰でもいいんだけども出てきて。その人たちをどんな理由でも支持する傾向って多少なりともなくはないですよね」と語り、劇中の出来事が現在の日本でも起こり得ることとして分析。また、曾根崎が支持を得るきっかけになる会見シーンにも触れ、「1,000人くらいのエキストラさんを前にして、僕がなぜ手記を出したのか。その経緯をずっと語るシーンなんですけど、(エキストラの方に)ナチュラルな表現をして頂いた。皆さんに支えられたシーンになったんじゃないかと思います」と振り返る。

(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

藤原は、共演した伊藤の役作りにも言及。「すごく繊細で深く、時に過剰なまでに脚本を読み込む方」と評しつつ、「『竜也、俺は考え過ぎちゃうんだよ。俺、だから嫌われたりするんだよ』ということもおっしゃって。そこでの苦労をされている方だから強いですよね」と、伊藤の熱さからくる独特の魅力についても語っている。さらに、「熱量が違う人とは会話ができないから、その熱にぼくらも追いつかないといけない。そこで成り立つシーンが確かにあるから。そこで救われたところもある」と、伊藤との共演で得た経験を明かしている。

一方の伊藤は「彼は若い頃から知っているけど、本当に“役者さん”とい う感じ。人間性も誠実で熱くて、それでいて極めて冷静ですよね」と語っているという。殺人犯と刑事という関係ながら、お互いを認めつつ息の合った演技を見せる二人に注目だ。

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』は6月10日(土)より全国公開。

作品情報
映画『22 年目の告白―私が殺人犯です―』
 
(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

監督:入江悠
脚本:平田研也、入江悠

出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル
Based on the film “Confession of Murder” 
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/
(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会
シェア / 保存先を選択