パリのコンサートレポート:YouTubeの人気歌手 ダニエラ・アンドラ

レポート
2017.6.15

画像を全て表示(5件)

5月17日、パリの下町にあるライブハウスCafé de la Danseにて開催された、ダニエラ・アンドラ(Daniela Andrade)という歌手のパリ公演に足を運んできました。

パリのライブ会場「Café de la Danse」

パリのライブ会場「Café de la Danse」

まだまだフランスでも日本でも知る人の少ないのカナダ出身の歌手ですが、YouTube上では数年歌手活動を続けており、アルバムも出しています。その人気は、彼女のYouTube動画が累計3億回以上再生されていることや、Facebookページに200万近いフォロワーがいることからも伺えます。

筆者がこの歌手のことを知ったのは、Facebook上でシェアされていたこの動画がきっかけでした。

 

 

ギターでビートルズの曲をカバーする彼女の映像には、現実世界からすーっと別世界につれていってくれるような透明感があり、思わず目が釘付けになりました。20代であろうと思われる彼女のちょっと幼い顔は、一瞬日本人かなと思わせるようなアジアンな色。ネイティブな心地よい英語で歌っていることから、英語圏の歌手だということはわかりましたが、彼女が一体何人でどこの国をベースに活動しているかということまでは判然としませんでした。

彼女の詳細は何も知らないまま、ただ純粋に「心地よいなぁ、何度も聴きたいなぁ」という思いを抱いていました。それからというもの、筆者は彼女の歌をお風呂タイムや作業時間に聴くように。「もっと彼女のことを知りたい」と、ファン・ページを検索したところ、その時彼女が初のヨーロッパ・ツアーを行っている最中であることがわかりました。偶然にも、筆者が彼女のことを知った日から一週間後に、パリでライブをやるということを知ったのです。

ネット上で人気だということはわかっていても、果たして実際にどれくらいの人気なのかについてはいまいち実感が湧きませんでした。しかし、いつしか筆者の中には「それでも彼女のコンサートに行ってみたい」という強い思いが。「SNS上で発見したアーティストのコンサートに行ってみる」という現代的な行為へのワクワクもあって、意を決してライブ会場へ足を運ぶことにしました。

そしてコンサート当日、30分前に会場入りするとすでに自由席は満員。なんとか座れるスペースを見つけ、彼女の登場を待ちました。会場には、やはりネットと親和性の高い20~30代の若者が溢れていました。

前座には、Tim Atlasという彼女とよくコラボするという青年歌手が登場。彼もまたYouTube上で人気らしく、若々しく強い芯が伝わってくるような歌声を披露しました。

Tim Atlas

Tim Atlas

彼もまたギター一本で歌うのかと思いきや、おもむろにiPhoneを取り出し、まるでそこにバンドがいるような色々な音を奏でだしました。iPhoneを用いて、軽快な曲をいくつも披露してくれたのには思わず驚いてしまいました。

そして、ついにダニエラの登場。彼女は自身の楽曲でアルバムを出していますが、筆者としてはオリジナルよりはカバー曲のほうが彼女の世界が滲みでて好みでした。そうしたその未完成さもまた、メジャーとは違う、YouTubeというフィールドから生まれたアーティストが私たちに親しみを感じさせる理由のひとつかもしれません。

曲の合間のトークも含めて、ダニエラからはまだライブに慣れないうぶさが垣間見えました。しかし、そうした姿を見守るファン達の目線はとても温かく、ライブ会場は終始穏やかな雰囲気に包まれていました。

アラフォーの筆者も、このライブを通じて新しい世代の新しい音楽を体験することができ、とても興味深い夜になったのでした。

Daniela Andrade

Daniela Andrade

 
アーティスト情報
Daniela Andrade
公式サイト:http://www.danielaandrade.com/
シェア / 保存先を選択