エネルギーに満ち溢れた独自の画風を紹介 『絹谷幸二 色彩とイメージの旅』展が京都国立近代美術館で開催

ニュース
2017.6.18

画像を全て表示(9件)

『絹谷幸二 色彩とイメージの旅』展が、2017年8月22日(火)~10月15日(日)にかけて京都国立近代美術館にて開催される。

絹谷幸二は、1943年奈良県生まれ。1966年に東京藝術大学美術学部油画科を卒業後、同大学院の壁画科へ進学し、アフレスコの研究に邁進。1970年、アフレスコの講義のために来日したブルーノ・サエッティとの出会いをきっかけに、翌年イタリアへ留学して、サエッティのもとでアフレスコ古典画法および現代アフレスコの研究に取り組んだ。帰国後は、画家の登竜門と言われた安井賞を歴代最年少で受賞。アフレスコ技法による色彩豊かで、エネルギーに満ち溢れた画面によって、独自の画風を確立し、2014年には文化功労者に選出された。

《光輝龍王二条城》2017年

《光輝龍王二条城》2017年

《アンジェラと蒼い空Ⅰ》 1976年

《アンジェラと蒼い空Ⅰ》 1976年

《蒼の間隙》 1966年

《蒼の間隙》 1966年

《オープン・ザ・ボックス・オブ・パンドラ》 1990年

《オープン・ザ・ボックス・オブ・パンドラ》 1990年

本展は、絹谷幸二の初期から現在に至る代表作を展示するとともに、素描や陶芸、ガラス作品に至るまで、多彩な活動を紹介するもの。また、本展覧会のために制作した京都を題材とした新作や展覧会初公開作品のほか、絹谷作品の世界観を映像化した3面スクリーンの壮大な作品も出品される。絹谷芸術の全貌に迫ることのできる貴重な機会となるだろう。気になる方はぜひ足を運んでみては。

《羅漢唄う》 2008年 富山県美術館蔵

《羅漢唄う》 2008年 富山県美術館蔵

《蒼天富嶽龍宝図》 2008年

《蒼天富嶽龍宝図》 2008年

《喝破》2015年

《喝破》2015年

《無著・世親》 2013年

《無著・世親》 2013年

イベント情報
絹谷幸二 色彩とイメージの旅

会期:2017年8月22日(火)~10月15日(日)
前期:8月22日(火)~9月18日(月・祝)、後期:9月20日(水)~10月15日(日)
会 場:京都国立近代美術館 3階 企画展示室
開催時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
金曜日、土曜日は午後9時まで開館(入館は午後8時30分まで)
休 館 日:月曜日(ただし、9月18日、10月9日は開館)、9月19日、10月10日
観 覧 料:
一般 1400(1200)円 大学生 900(700)円 高校生 500円(300円)
※( )内は、前売りと20人以上の団体料金。
※中学生以下、心身に障がいのある方と付添者1名は無料。
(入館の際に証明できるものをご提示ください)
※前売券は、6月22日~8月21日まで販売。
※「絹谷幸二 天空美術館」(梅田スカイビル)との2館セット券を販売します。
当日券一般券2展で2400円のところ1900円とお得です(6月22日~10月15日まで販売)。http://www.momak.go.jp/
シェア / 保存先を選択