野上絹代が、1999年ごろに生まれた女子高生たちと共同制作「1999」

ニュース
舞台
2017.6.23
福島県立いわき総合高等学校 総合学科 芸術・表現系列(演劇) 第14期生 卒業公演「1999」ビジュアル

福島県立いわき総合高等学校 総合学科 芸術・表現系列(演劇) 第14期生 卒業公演「1999」ビジュアル


快快の野上絹代が、福島県立いわき総合高等学校 総合学科 芸術・表現系列(演劇) 第14期生の卒業公演「1999」の作・演出を務める。

ノストラダムスの予言によると、世界滅亡の年だと言われた1999年。ほぼそのころに生まれた、10人の女子高校生たちによる演劇作品だ。公演は8月18・19日、福島・いわき芸術文化交流館 アリオス 小劇場にて。これまでにも前田司郎や藤田貴大、岩井秀人、三浦直之など、さまざまな劇作家、演出家を迎えて共同制作を行ってきたといった同校が、今回は野上とどのようなコラボレーションを繰り広げるのか、期待が高まる。チケットは7月7日10:00に予約開始。

福島県立いわき総合高等学校 総合学科 芸術・表現系列(演劇) 第14期生 卒業公演「1999」

2017年8月18日(金)・19日(土)
福島県 いわき芸術文化交流館 アリオス 小劇場

作・演出:野上絹代
出演:いわき総合高校 芸術・表現系列(演劇)第14期生(相澤美咲、菅原七海、今野夢惟、鈴木奈巳、木下爽香、佐藤亜未、高津美怜、青山千乃、鵜沼愛海、松本有生)
※高津美怜の高の字ははしごだかが正式表記。

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択