浪漫活劇譚「艶漢」第2弾制作決定!クリサマでキャスト登壇のトークイベントも

「艶漢」11巻

「艶漢」11巻

「浪漫活劇譚『艶漢』」第2弾が制作されることが明らかになった。

妖艶な傘職人・詩郎と熱血正義漢の巡査・光路郎を中心とした本作は、「ウィングス」(新書館)で連載されている尚月地のマンガが原作。昨年2016年3・4月に「浪漫活劇譚」として初演され、同年8月には「歌謡倶楽部」として上演された。「浪漫活劇譚」では脚本・演出をほさかよう、「歌謡倶楽部」では構成・演出を伊勢直弘が担当。キャストには吉原詩郎役の櫻井圭登、山田光路郎役の末原拓馬、吉原安里役の三上俊らが名を連ねた。キャストや公演詳細については続報を待とう。

第2弾の制作決定にあたって、原作者の尚は「『原作を再現した』とかそんな生易しいものでは全くない内容と、キャラクター達が絵以上の姿を持った凄まじさ。奇跡のような舞台が再びです」と「艶漢」の公式twitterにコメントを寄せている。また昨日6月24日には原作マンガの11巻も発売された。

7月4日から9日まで東京・東京ドームシティ シアターGロッソにて開催される「CLIE Summer Festival 2017」では、櫻井、末原、三上によるトークイベントも。3人のトークショーは7月4日20:00にスタート。

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択