アンデルセン役の鈴木涼太「人の心がふれ合うあたたかさを全国の皆様に」

劇団四季 ミュージカル「アンデルセン」の稽古場取材会の様子。

劇団四季 ミュージカル「アンデルセン」の稽古場取材会の様子。


7月15日にツアーがスタートする劇団四季のミュージカル「アンデルセン」の稽古場取材会が、昨日6月30日に行われた。

ミュージカル「アンデルセン」は1952年公開の映画「アンデルセン物語」をベースに、1974年にイギリス・ロンドンで初演された作品。劇団四季では1983年に初演され、以来上演を重ねている。今回の全国ツアーでは、12月までの半年間で70都市以上を巡る予定だ。

ハンス・クリスチャン・アンデルセン役の鈴木涼太は、「お子様から大人の方まで幅広くお楽しみいただける作品です。この作品を通じて、人の心がふれ合うあたたかさを全国の皆様にお届けできればと思っております。全国の劇場で皆さまにお目にかかれる日を楽しみにしています」と意気込みを語っている。

劇団四季 ミュージカル「アンデルセン」全国ツアー

2017年7月15日(土)
神奈川県 相模女子大学グリーンホール 大ホール

ほか全国にて上演

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択