元・宝塚「龍 真咲」の七色の物語 渋谷発→J-POP行 アルバムで華麗にデビュー

ニュース
2017.7.12
龍 真咲

龍 真咲


舞い降りた妖精、美しすぎる男役

龍 真咲がアルバム「L.O.T.C 2017」(読み方:えるおーてぃーしーにーぜろいちなな)で8月23日にビクターエンタテインメントよりデビューする。

龍は、元・宝塚歌劇団男役トップスター。2012年より4年半「月組」の看板スターとして組を背負い活躍、2014年4月、宝塚歌劇団100周年記念式典公演では、全5組を代表して主演を務めた実績を持つトップオブトップでもある。幼いころから歌が好きで、学生時代に見た宝塚に憧れ入団、その後も、得意の歌を活かし、数々の名作で主演を張り、宝塚100周年の節目に一時代を築いた。

昨年2016年9月に宝塚を退団後も歌への情熱は冷めることなく、次々と歌を中心としたゲスト出演のオファーを受けながらも、その合間を縫って、本格的なトレーニングの為に単身渡米。満を持して、いよいよ2017年夏、日本を代表するトップクリエーターチームとのタッグで、全てオリジナル曲のJ-POPに挑み、自身初のアルバム「L.O.T.C 2017」で待望のメジャーデビューを果たす。

今作は渋谷を舞台にしたショートムービー風作品をテーマに、アゲハスプリングス・チームのonetrap & asprプロデュース、アルバムの曲調は自らが提案し、ジャズ、ダンスミュージック、ポップスからバラードまで様々なジャンルに挑戦、ノスタルジックと現代の空気感が融合した、夢溢れる作品に仕上がっている。またジャケットはレスリー・キーが撮影を手掛けた。

龍 真咲

龍 真咲

INFORMATION
CD情報
アーティスト:龍 真咲
作品:アルバム 「L.O.T.C 2017」(読み方:えるおーてぃーしーにーぜろいちなな)
発売日:2017年8月23日(水)
ビクターエンタテインメント
龍 真咲オフィシャルサイト http://www.jvcmusic.co.jp/ryumasaki/

 
※収録内容
M1「LANDING on the CITY」 作曲:巴川貴裕・松井喬樹/編曲:Integral Clover
M2「Silly game」 作詞:濱名 琴/作曲:orange spotting/編曲:南田健吾
M3「Get by me」 作詞:濱名 琴/作曲:岡本武士/編曲:南田健吾
M4「Merrily Mode」 作詞:濱名 琴/作曲:石松領平/編曲:Integral Clover
M5「Miss you always」 作詞:濱名 琴/作曲:田中隼人/編曲:山﨑佳祐
M6「Long Island Icetea」 作詞:濱名 琴/作曲:岡本武士/編曲:山﨑佳祐
M7「ヒーロー」 作詞:濱名 琴/作曲:長沼 良/編曲:小山 寿
配信情報:iTunes Store、レコチョク他、各配信サイトにて8月23日より一斉配信開始

コンサート情報
『Ryu Masaki Concert 2017』
■東京 渋谷オーチャードホール 8月26日(土) 12:00/16:30開演
■東京 渋谷オーチャードホール 8月27日(日) 14:00開演
全席指定 ¥10,000(税別)※未就学児童入場不可
※当日CD購入者の方“龍 真咲スペシャルクリアファイル”をプレゼント
詳しくはHP http://www.ryumasaki-scp.com/concert2017
問い合わせ:オフィシャルサイト http://www.ryumasaki-scp.com/


<龍 真咲プロフィール>
元・宝塚歌劇団「月組」男役トップスター。2001年の初舞台以来、類い稀なルックスと歌唱力で注目を浴び、2012年4月「月組」トップスターに就任、2014年4月宝塚歌劇団100周年記念式典公演では、全5組を代表して主演を務める。唯一無二の輝きと麗しさ、自由奔放な発想で、その後も多くの新しいファン層を掴み、宝塚歌劇新世紀を創り上げる。2016年9月4日、織田信長を演じて男役を全うし、8000人のファンが見送る中、宝塚歌劇団を卒業。現在はヴォーカリスト、アーティストとして、舞台・音楽・ファッションを中心にマルチな才能を活かし、多方面から期待を寄せられている。
シェア / 保存先を選択